このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova FlowForce Server 2020

フルパス:/system/mail/send

 

指定された宛先、通常は管理者、に電子メールを送信します

 

実行に成功すると、この関数はブール値の TRUE を返します。ジョブの実行に失敗すると、結果は 「エラー時には中断」 パラメーターの値により以下のように異なります:

 

「エラー時には中断」  パラメーターが  TRUE (デフォルトの値) の場合、ジョブの実行は中断されます。この場合、エラーを保護されたブロックを使用して処理することができます (以下を参照: ステップのエラーの処理 )。

「エラー時には中断」 パラメーターが FALSE の場合、関数は、FALSE を返します。

 

メモ: この関数を使用する前に、メールサーバー設定が構成されていることを確認してください (メールパラメーターの設定を参照してください)。

 

パラメーター

名前

説明

差出人

string

電子メールが送信されるアドレス。例: flowforce@<hostname>.

宛先

string

電子メールアドレスの宛先必須のパラメーターです。

件名

string

メッセージの件名必須のパラメーターです。

本文

string

文字列としてのメッセージの本文。メッセージの本文は、 ASCII と Unicode 文字をサポートします。

 

任意のパラメーターです。

添付

string as file

電子メールと共に送信される添付ファイルの名前。

エラー時には中断する

boolean

このブールパラメーターはジョブが失敗した場合の戻り値を決定します。 「エラー時には中断」 が FALSE の場合、関数は、ブール値の FALSE を返します。 「エラー時には中断」 が TRUE の場合、ジョブの実行は中断されます。デフォルトの値は、 TRUE です。

 

サンプル

エラー処理をジョブに追加するを参照

(C) 2019 Altova GmbH