compute

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ビルトイン関数 > /system >

compute

フルパス:/system/compute

 

式 の結果を計算し、計算された値を返します。 計算され値は、パラメータ内、または他の実行ステップの式内で使用することができます。サービスとして使用されるジョブの出力を定義するためにこの関数を使用することができます (例を参照)。

 

この関数は、任意の型を示す値 T0 を返します。 つまり、 返されたデータ型は、式パラメーター内で使用された式から推定されます。つまり、 返されたデータ型は、 パラメーター内で使用された式から推定されます。

 

パラメーター

名前

説明

Expression of T0

計算される FlowForce Server 式。式の詳細に関しては、The FlowForce 式言語を参照してください。

 

サンプル

このサンプルは、2つの実行ステップを使用するジョブに関する説明をします。最初のステップは、 c:\temp ディレクトリ内のシェルコマンドを実行、 結果は hello として宣言されています。

 

次に、この結果は 2番目の実行ステップにパスされます。 2番目の実行ステップは式言語 (特に、 stdoutcontent 関数) を使用して以下を行います:

 

最初のステップの結果の標準出力を取得します。
出力を文字列に変換します。

 

The compute 関数は、Expression式テキストボックスに入力された式を評価します。the text box.

ff-executeFunc

"Hello, World!" ジョブの作成を参照してください。


(C) 2019 Altova GmbH