failed-step

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  式関数 > ステップ結果関数 >

failed-step

ステップ結果を返します。保護されたブロックを有するエラーを処理する際にこの関数は役に立ちます。failed-step 関数は、 「エラー時」 ハンドラーの一部である必要があります。それ以外の場合、ステップを使用している箇所で、エラーのステップが存在しないため、失敗します。

 

このように、この関数は、エラーが発生したステップを指しません。属性の結果を確認するには、この関数を stdout または stderr などの関数に引数としてパスします。例:

 

stderr(failed-step())

stdout(failed-step())

 

署名

failed-step() -> result

 

サンプル

以下の例を参照してください:

 

ジョブにエラー処理を追加する
エラー処理を使用して XML ドキュメントを検証する

(C) 2019 Altova GmbH