"Hello, World!" ジョブの作成

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ジョブの構成の例 >

"Hello, World!" ジョブの作成

この例では、テキスト "Hello, World!" をブラウザー内に出力する簡単なジョブの作成方法が説明されています。このテキストは、 FlowForce 式を使用して作成されます。 ブラウザー内のリンクをクリックすることにより、必要に応じてジョブをトリガーすることができます (つまり、ジョブは Web サービスとして公開されます )。

 

必要条件

必須のライセンス: FlowForce Server
FlowForce Server が構成された ネットワークアドレスとポートで動作していること (以下を参照: ネットワークアドレスとポートの設定)
コンテナー の1つでパーミッションを有する FlowForce Server ユーザーアカウントを有していること (デフォルトでは、この例で使用されている /public コンテナーには、認証されたユーザーがアクセスすることができます)。

 

ジョブの作成

1.FlowForce Server にログオンし、新しいジョブの作成のパーミッションが与えられているコンテナーに移動します (この例は、デフォルトの/public コンテナーを使用しています)。
2. 「作成」をクリックし、「ジョブの作成」を選択します。
3.ジョブのタイトルと詳細を入力します。

helloworld01

4.ビルトイン関数 builtin_function/system/compute を呼び出す新規の実行ステップを追加します。

helloworld02

5.「式」 フィールドに、 一重引用符で囲まれた、テキスト 'Hello, World' を入力します。 このフィールドのコンテンツは、 FlowForce Server 式を示します。

helloworld03

6.実行の結果を「文字列」として宣言します。

helloworld04

7.「このジョブを HTTP を介して利用可能にする」 チェックボックスを選択し、 "HelloWorld" を サービス名として入力します (以下を参照: ジョブを Web サービスとして表示する )。

helloworld05

8.「資格情報」から、既存の資格情報の記録を選択、 または、ローカルの資格情報を指定してください (以下を参照: 資格情報  )。
9.「保存」をクリックします。

 

ジョブの実行

文字列の値 "Hello, World!" を計算し、ジョブの結果として返すジョブの作成が完了しました。ジョブをテストするには、 FlowForce Server がデフォルトのホストとポート名で作動していると想定し、http://127.0.0.1:4646/service/HelloWorld  をブラウザーのアドレスバーに入力します。 構成ページ内で他のホストとポート設定を定義した場合、 (以下を参照: ネットワークアドレスとポートの設定 )、アドレスを必要に応じて変更してください。 Web サービスにアクセスするための資格情報を入力するようにプロンプトされた場合は、 FlowForce Server にログオンする資格情報と同じ資格情報を与えてください。

 

Internet Explorer を使用して、Web サービスとして FlowForce Server ジョブをテストする場合、 詳細設定 タブ内の「HTTP エラーメッセージを簡易表示する」 オプションを無効化する必要がある場合があります。

 

ジョブの実行に成功すると、ブラウザーは、ジョブの出力を表示します:

 

Hello, World!

 

ジョブが 「0」 以外の終了コードを返すと、ブラウザーは、「サーバー実行の失敗」 メッセージを表示します。 この場合、FlowForce Server 内のジョブのログをチェックして、エラーを確認してください (以下を参照: ジョブのログを確認する)


(C) 2019 Altova GmbH