ステップのエラーの処理

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ジョブの構成 >

ステップのエラーの処理

ジョブのステップに失敗すると、 ジョブは中断されます。 (ログ、または、電子メールの送信などのために)ジョブを完全に終了する前に、クリーンアップのアクションを行うには、型 「エラー/成功の処理ステップ」のステップを作成することができます。「保護されたブロック」として参照されるステップを処理するエラー/成功により、ステップの実行を保護することができます。 次の図は、保護されたブロックの構成を表示しています。

ProtectedBlock

保護されたブロックの構造

保護されたブロック内の1つのステップに失敗すると、エラーハンドラーは、ジョブが終了される前に何が起こるかを管理します。エラーハンドラー は以下の内の1つです:

 

成功時 (保護されたブロック内の全てのステップに成功すると、システムにアクションを実行するように命令します)。
エラー時 (保護されたブロック内の1つのステップに成功すると、システムにアクションを実行するように命令します)。
常に (保護されたブロック内のステップの成功に関わらず、システムにアクションを実行するように命令します)。

 

保護されたブロックが実行を完了すると、 FlowForce Server は、出力をベースにした定義されたハンドラーを実行します。 例えば、 上に表示される図では、保護されたブロックは、ステップ A と ステップ B です。また、エラー処理の論理は以下の通りです:

 

A が失敗すると、 A、C および E が実行されます。
B が失敗すると、A、B、C および E が実行されます。
A と B に成功すると、 A、B、D および E が実行されます。

 

実際には、処理する各ジョブのために3つすべてのハンドラーの型を定義する(ことはできますが) 必要はありません。最も一般的なシナリオは 「エラー時」「常に」 ハンドラーのみを定義することです。

 

次も参照してください

エラー処理をジョブに追加する (例)

(C) 2019 Altova GmbH