このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova FlowForce Server 2020

サーバーの構成

FlowForce Server アプリケーションデータ

スクロール ホーム トップ その他

このセクションでは、 FlowForce Server アプリケーションデータディレクトリのコンテンツについて説明されています。この情報は、手動でメジャーな FlowForce Server バージョンにデータを移行する場合、または、 .ini ファイルを編集することにより FlowForce Server 構成設定を変更する場合、役にたちます。

 

アプリケーションデータディレクトリは、 FlowForce Server と、ジョブ、トリガー、システム関数、サーバーログ、他のファイルなど、そのユーザーにより生成されたデータを保管します。

 

アプリケーションデータディレクトリは、複数の .ini スタイル構成ファイルも含んでいます。 管理者は、 Web 管理インターフェイス または、 コマンド ライン インターフェイスから設定を変更する代替として、.ini 構成ファイルをテキストエディターで編集することができます。

 

アプリケーションデータディレクトリへのパスは、 オペレーションシステムとプラットフォームにより以下のように異なります。

 

Linux

/var/opt/Altova/FlowForceServer2020

macOS

/var/Altova/FlowForceServer2020

Windows Vista, Windows 7, Windows 8, Windows 10

C:\ProgramData\Altova\FlowForceServer2020

 

下のテーブルは、アプリケーションデータディレクトリ内のメインのファイルとフォルダーのリストを表しています。

 

flowforceserver.ini

FlowForce Server のグローバル構成設定を保管します。(現在サーバーログとエラーメッセージに使用されている言語です )。

flowforceweb.ini

FlowForce Web Server のグローバル構成設定を保管します。(Web 管理インターフェイスの言語 )。

 

メモ:  (下で説明されているとおり) data ディレクトリに保存されている flowforceweb.ini ファイルと区別してください.

flowforceweb.html

セットアップページは、 Altova LicenseServer を使用して、 FlowForce Server を登録、およびデフォルトの Web 管理インターフェイスのアドレスとポートを構成するために使用されます (以下も参照してください: セットアップページを開く )。 このページは、 FlowForce Web Server サービスを再起動すると再度生成されます。FlowForce のインストール後、セットアップページが不足している場合、 FlowForce Web Server サービスを開始して生成してください。

data/cache.db

このデータベースファイルは、 FlowForce のキャッシュ機能に関連したデータを保管します(以下を参照: ジョブの結果をキャッシュする  )。

data/state.db

このデータベースファイルは、 FlowForce の可変の状態(つまり、構成されていない状態)を保管します。

data/ffweb.log

data/flowforce.log

これらのふぃあるは、 FlowForce Web Server と FlowForce Server からのログメッセージをそれぞれ保管します。これは、 Windows、macOS、および、Ubuntu 14、および CentOS 6 (または以前) システムに対して適用されます。

 

Debian 8、Ubuntu 15 および CentOS 7 または以降に対しては、ログはシステムログに書き込まれます  ( /var/log/syslog  )。

data/flowforce.db

このデータベースファイルは、FlowForce Server オブジェクトシステム、アクティブなデータ、アクティブなジョブ、ロール、およびその他を保管します。

data/flowforcelog.db

このデータベースファイルは、 FlowForce Server ログを保管します。

data/flowforce.ini

この構成ファイルは、 FlowForce Server のポートとのリッスンインターフェイスを定義します。ファイルの参照の構成も参照してください。

data/flowforceweb.ini

この構成ファイルは、 FlowForce Web Server のポートとのリッスンインターフェイスを定義します。ファイルの参照の構成も参照してください。

data/files

デプロイされた機能に関連したファイルを保管します。

data/logs

ジョブ実行ステップからのキャプチャされた出力を含みます。

data/tmp

一時ファイルを保管します。

data/tools

(MapForce Server または StyleVision Server などの)他の Altova サーバー製品が FlowForce Server と共にインストールされる場合、このディレクトリは FlowForce Server がこれらの製品作業を可能にする .tool ファイルを保管します。

 

このディレクトリが空の場合、各製品のインストールディレクトリから各製品のツールファイルを手動でコピーすることができます。

 

MapForce マッピング、または、 StyleVision 変換の実行に必要な .tool ファイルを環境変数を設定するために編集する必要がある可能性があります (以下を参照: 環境変数の設定 )。

(C) 2019 Altova GmbH