中央サーバー上の Altova 製品

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ライセンス > Altova LicenseServer > 一般的な情報 >

中央サーバー上の Altova 製品

Altova デスクトップ製品が以下の状態の場合取るステップについて説明しています: (i) 中央サーバー上でホストされている (ii) リモートクライアントにライセンス供与している。 Altova デスクトップ製品を仮想マシン、または、遠隔のデスクトップにインストールするし、正確な LicenseServer に製品を登録する場合、これらのガイドラインに従ってください。

 

1.デスクトップ製品をインストールする前に、 LicenseServer をインストールする。
2.LicenseServer のライセンスプールに関連する製品のライセンスをアップロードします(または、ライセンスを次の登録でアップロードすることができます (次のポイント)。)
3.デスクトップ製品のためのインストールプロシージャの終わりに、LicenseServer に製品を登録するか否かが問われます。「はい」 を選択し、使用することのできる LicenseServers のリストから、製品ライセンスを使用することのできる (または将来使用できるようになる) LicenseServer を選択します。
4.登録に成功すると、 %ProgramData%\Altova\<ProductName><Version>\<ProductName>.licsrv. にある製品の LICSVR ファイルを読み取り専用にしてください。これは LICSVR ファイル内に保管されている正確な LicenseServer の情報が誤って上書きされないようにするためです。
5.これ以降、リモートのクライアントがサーバーベースの製品ソフトウェアを開始すると、クライアントは正確な LicenseServer からライセンスを取得、または、ライセンスを割り当てられることができます。

 

メモ:インストール済みの製品の登録を後に回すと、ネットワーククライアントがサーバーベースの製品を開始し、不適格な LicenseServer に製品を登録する可能性があります。このような状態を回避するために、インストール後すぐにデスクトップ製品をすぐに登録することが奨励されます。

 

メモ:製品の最初の登録が間違った LicenseServer に行われた場合、サーバーベースの製品ソフトウェアを開始する次のクライアントのためのライセンスは(間違った) LicenseServer で使用できるようになります。製品のためのライセンスがその LicenseServer で使用できる場合でも、このライセンス供与は意図とされたものではありません。この間、正確な LicenseServer 上のライセンスは意図とされた割り当てのために使用されません。

 

メモ:インストール済みのライセンス、または、同時実行ユーザーライセンスは製品マシンにログオンし、製品を作動する最初のユーザーのためにのみ作動します。これは、製品がそのマシンにのみライセンス許与を行っており、そのマシン上で一人のユーザーのみが製品を一度に作動できるためです。 複数のユーザーによる製品のインストールの使用を有効化するには、名前が付けられたユーザーライセンスを持つ製品のライセンス供与を複数の名前を持つユーザーに設定してください。

 

以下も参照してください: Altova ライセンスの種類ネットワーク情報

 

 


(C) 2019 Altova GmbH