debug

www.altova.com すべてを展開/折りたたむ このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  DiffDog Server コマンドライン >

debug

The debug command starts DiffDog Server for debugging—not as a service. To stop DiffDog Server in this mode, press Ctrl+C. The command takes no options.

 

Syntax

 

diffdogserver debug [options]

 

Click to expand/collapseコマンドライン上の文字種とスラッシュ

Windows上での DiffDogServer

Unix (Linux、 Mac) 上での diffdogserver

 

* 小文字は (diffdogserver) 全てのプラットフォーム(Windows、Linux、 および Mac)で使用することができますが、大文字と小文字 (DiffDogServer) は、 Windows および Mac のみでしか使用できません。

* Linux と Mac 上ではスラッシュを使用し、Windows 上では、バックスラッシュを使用してください。

 

 

Option

Description

--config, --c

Specifies a local configuration file to use.

 

Options are listed in their short forms (if available) and long forms. You can use one or two dashes for both short and long forms. An option that takes a value is written like this: --option=value.

 

Examples

Example of the debug command:

 

diffdogserver debug


(C) 2019 Altova GmbH