比較の実行

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム > 

比較の実行

ローカルファイルまたはディレクトリを比較するには、 diff コマンドに引数として提供します。 この場合、2つの引数を (例えば、2つのファイルパス) diff コマンドに提供すると、引数は次の順序で解釈されます: 比較の左側、比較の右側。

 

DiffDogCmdlClient diff file1.txt file2.txt --mode=text

 

3つの引数を指定すると、3方向の比較が実行され、引数はこの順序で解釈されます: 比較の左側、比較の中央、比較の右側。

 

DiffDogCmdlClient diff file1.xml file2.xml file3.xml --mode=xml

 

メモ:必須ではありませんが、最善の結果のために、 --mode オプションを text、binary、 または xml に設定することが奨励されます。それ以外の場合、アプリケーションはファイルまたはディレクトリが比較されているかを決定する必要があり、これは、希望しない結果を生成する可能性があります。2つのテキストが比較されているため、上の最初のサンプルでは、比較モードは text に設定されています。2番目のサンプルでは、3つの XMLファイルが比較されているため、モードは xml に設定されています。

 

または、比較の左側と右側の指定を引数ではなくオプションを使用して行うことができます。 例えば、下のコマンドは、 DiffDog Client が作動するマシン上で2つのファイルを比較し、両方のファイルパスは (引数ではなく)オプションとして提供されています:

 

DiffDogCmdlClient diff --client-left=file1.xml --client-right=file2.xml

 

比較パスがオプションとして設定されている場合、クライアントマシンに対してファイルだけではなく、 DiffDog Server が作動するクライアントマシン上の遠隔のファイルも比較することができます。 例えば、下のコマンドラインは、左側がクライアント上のファイルで、右側がサーバー上のファイルである2つのテキストファイルを比較します。

 

DiffDogCmdlClient diff --client-left=file1.txt --server-right=file2.txt

 

メモ:パスの構文は、ファイルが存在するオペレーティングシステムのために有効である必要があります。例えば、クライアントが Windows 上で作動しサーバーが Linux 上で作動する場合、 Windows スタイルのパスが --client-left のために使用される必要があります。反対に、 --server-right のためには Linux スタイルのパスが使用される必要があります。

 

3方向の比較を実行するには、3番目のオプションを追加します ( --client-middle または --server-middle を共通の祖先ファイルが存在する場所により追加します)。下のサンプルでは、共通の祖先のファイル file2.csv はサーバーマシン上に存在しますが、左側と右側のファイル (file1.csvfile3.csv) はクライアントマシン上に存在します。

 

DiffDogCmdlClient diff --client-left=file1.csv --server-middle=file2.csv --client-right=file3.csv

 

サーバーの管理者がセキュリティ上の理由のためにサーバーパスへのアクセスを制限した場合、サーバーファイルパスを直接参照する比較を実行することはできなくなります。 サーバーパスへのアクセスの制限 を参照してください。代わりに、 --alias オプションを使用してエイリアスの名前を制限する必要があります。

 

例えば、下のコマンドはクライアント上のファイルをサーバー上のファイルと比較します。 "public" と呼ばれるエイリアスはサーバー上の管理者により定義済みであることが前提とされます。

 

DiffDogCmdlClient diff --client-left=file1.txt --server-right=file2.txt --mode=text --alias=public

 

サーバ上で定義済みのエイリアスをクエリするには、 aliases コマンドを実行します。 エイリアスをデフォルトとして保存するには、クライアント構成ファイル 内で server-alias オプションを設定します。このようにして、コマンドラインでエイリアスを指定する必要はなくなります。

 

メモ:エイリアス名は大文字と小文字を区別します。

(C) 2019 Altova GmbH