比較の結果の確認

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  比較の実行 >

比較の結果の確認

diff コマンドを使用して比較を実行し --output-mode=text オプションを使用する場合、比較の結果を持つテキストレポートが生成されます。 同様にオプション --output-mode=xml を提供する場合、比較の結果を持つ XML レポートが生成されます。

 

メモ:XML ファイルを比較する際にオプション --output-mode=text がサポートされません。 XML ファイルを比較する際に、 --output-modetext に設定すると、通常の出力内では差分がレポートされません。 --output-file オプションを追加して設定すると、ゼロサイズの出力ファイルが作成されます。

 

オプション --quiet=true 以外は、デフォルトでは、 比較の結果を含むレポートがコマンドラインで表示されます。出力ファイルにレポートを保存するには、 --output-file オプションを設定します。

 

XML レポート

XML 書式内でレポートされる差分を理解するには次の2つの XML ファイルは横に並べられた比較されると想定します:

 

<book id="1">  
  <author>Mark Twain</author>
</book>

<book id="2">
  <author>Franz Kafka</author>
</book>

 

2つのファイルをコマンドを使用して比較する場合、

 

DiffDogCmdlClient diff file1.xml file2.xml --mode=xml --output-mode=xml --output-file=report.xml

 

結果する XML レポートは以下のようになります:

 

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<!-- Differencing export generated by Altova DiffDog Server -->
<diff_result>
  <diff_info comparison_mode="xml">
    <source_left name="c:\file1.xml" uri="file:///c:/file1.xml"/>
    <source_right name="c:\file2.xml" uri="file:///c:/file2.xml"/>
  </diff_info>
  <xml_diff>
    <left_location>
        <parent xpath="/book"/>
        <position>1</position>
    </left_location>
    <right_location>
        <parent xpath="/book"/>
        <position>1</position>
    </right_location>
    <left_content>
        <attribute id="1"/>
    </left_content>
    <right_content>
        <attribute id="2"/>
    </right_content>
  </xml_diff>
  <xml_diff>
    <left_location>
        <parent xpath="/book/author"/>
        <position>1</position>
    </left_location>
    <right_location>
        <parent xpath="/book/author"/>
        <position>1</position>
    </right_location>
    <left_content>
        <element>Mark Twain</element>
    </left_content>
    <right_content>
        <element>Franz Kafka</element>
    </right_content>
  </xml_diff>
</diff_result>

サンプル XML レポート

トップでは、XML レポートには、 diff_info 要素が含まれています。 diff_info 要素 は(使用された比較モードと比較されたファイルのパスなどの)比較されたファイルの情報を提供します。

 

次に、すべての発生した差分 (このサンプル内では2つの差分) が複数の xml_diff 要素を使用してリストされています。 left_location (と対応する right_location ) が差分が発生した箇所を XPath 式として通知します。 left_content (と対応する right_content) は変更された要素、または、属性に関して通知します。


(C) 2019 Altova GmbH