Windows サービス設定の構成

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  インストール > Windows >

Windows サービス設定の構成

Windows オペレーティングシステム上に DiffDog Server をインストール中、以下の設定を構成することができます:

 

DiffDog Server を Windows サービスとして開始する方法: 自動、または、オンデマンド、遅延された自動、または、無効化。
DiffDog Server によりオペレーティングシステム ユーザーアカウントを Windows サービスとして使用する方法: Local SystemLocal ServiceNetwork Service、または 他のユーザー
DiffDog Server が他のユーザーとして実行されるように構成されていると、 Windows Services 管理コンソールと同様にこのユーザーのユーザー名とパスワードを設定することができます。

 

設定には、 Windows Services 管理コンソールからサービスプロパティを変更することと同じ意味があります。インストール中に上記の設定を定義するには、 そして、「サービスの構成」の横の「変更」をクリックします。

inc-ddserv-config-01

インストール後に設定を変更する場合、 Windows Services 管理コンソール を開き、必要とするサービスのプロパティを変更します。 Windows Services 管理コンソールを開くには、 コマンドラインウィンドウを開き、 Services.msc を入力します。


(C) 2019 Altova GmbH