db-drivers

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  DiffDog クライアントコマンドライン >

db-drivers

db-drivers コマンドは、データベースデータの比較を実行する場合に特に役に立ちます。このコマンドは、ローカルマシンで検知された 全ての ADO、ADO.NET、JDBC、および ODBC ドライバーを表示します。表示されているドライバーの情報サーバー、または、クライアント .ini 構成ファイル内にデータベース接続のために必要な構文内であることから、 INI-ファイルフレンドリーです。 データソースのセットアップを参照してください。

 

コマンドの出力は次のセクションに分類されています:

 

ADO.NET - 検知されたすべての .NET プロバイダーを表示します。
ADO - 検知されたすべての ADO プロバイダーを表示します。
JDBC - CLASSPATH 環境変数から自動的に検知されたすべての JDBC ドライバーを表示します。
ODBC - 検知されたすべての ODBC データソース名 (DSN) を表示します。これらは ODBC Data Source Administrator (Odbcad32.exe) を実行する際に表示されるものと同じデータソースです。 Odbcad32.exe ファイルの 32-ビットバージョンは、 C:\Windows\SysWoW64 ディレクトリ内にあります。Odbcad32.exe ファイルの 64-ビットバージョンは、C:\Windows\System32 ディレクトリ内にあります。
ビルトイン - DiffDog Server 内のビルトインのサポートを持つデータベース接続メソッドを表示し、ドライバーを必要としません。

 

DiffDog Server (64-ビット または 32-ビット) のプラットフォームに対応するドライバーのみがリストされています。例えば、現在インストールされている Java 仮想マシンが 64-ビットの場合、JDBC ドライバーはコマンドが DiffDog Server 64-ビットにより実行されている場合のみ検知されます。ODBC データソース名 (DSN).に対しても同様の説明が当てはまります。

 

このコマンドはオプション、または、引数を取りません。

 

構文

DiffDogCmdlClient db-drivers

 

Linux 上で、実行可能ファイルを呼び出すために全て小文字を使用します。更に、コマンドシェルの現在のディレクトリから呼び出す場合、Linux と macOS 上で、実行可能ファイルのディレクトリ内で、実行可能ファイルの前にプレフィックス 「./」 を追加する必要がある場合があります。

 

このコマンドは、 list-db-drivers エイリアスを使用して呼び出すこともできます。db-driverslist-db-drivers を相互に使用することができます。


(C) 2019 Altova GmbH