フィルターの適用

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  データソースの参照 > オブジェクトの検索 >

フィルターの適用

「比較のためにデータベースオブジェクトを選択」 ダイアログボックス 内では、スキーマ および テーブル を名前、または、名前の一部によりフィルターすることができます。オブジェクトは名前内への入力によりフィルターされます。

 

以下の点に注意してください: フォルダー無しのレイアウトを使用している場合、フィルター関数はサポートされません。

 

 

ダイアログボックスの選択内のオブジェクトをフィルターする方法:

 

1.ツールバー内の 「フィルターフォルダーコンテンツ」 ic_filter アイコンをクリック、または、データベースオブジェクトを選択して、 「Ctrl+Alt+F 」を押し、フィルターを有効化します。フィルターアイコンは、すべてのフォルダーの横に表示されます。

 

dlg_dd-filter

 

2.フィルターするフォルダーの横のフィルターアイコンをクリックします。表示されるポップアップメニューから希望するフィルターオプションを選択します。

 

mnu-filter

 

3.フォルダーの横のアイコンは選択されたフィルター型のためで、空白のフィールド共に表示されます。

 

dlg_dd-filter-text

 

4.含まれるオブジェクトを表示ためにフィルターされているフォルダーを展開します。

 

5.フィールド内に、検索する文字列を入力します。結果は入力の内容により調整されます。

 

dlg_dd-filter-display

 

6.必要な場合は、2番目のデータベースのためにプロシージャを繰り返します。

(C) 2019 Altova GmbH