データソースの参照

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム > 

データソースの参照

テーブル および/または 列 を選択のために選択する場合、 DiffDog は、「比較のためにデータベースオブジェクトを選択」 ダイアログボックス内でデータベースオブジェクトが表示される方法をカスタム化するためにいくつかのオプションを与えます。

 

フィルターを適用 して、フォルダーの差分を検出することができ、また、 「比較のためにデータベースオブジェクトを選択」 ダイアログボックス。内の特定のデータベースオブジェクトを検索するためにオブジェクト ロケーターを使用することもできます。

 

ダイアログボックスには、データベース内に多数のテーブルが存在し、テーブルを比較する場合とても役に立つ「チェックされたオブジェクトのみを表示する」 ic_show-checked アイコンがあります。

 

適切なテーブルのチェックボックスを有効化し、「チェックされたオブジェクトのみを表示する」 アイコンをクリックすると、 選択のために選択されたテーブルのみが表示され 、関連性の無いテーブルは非表示になります。

 

dlg_dd-select-tables

 

「OK」 をクリックした後、DiffDog はデータソース、および データベース データの比較ウィンドウ内で選択されたテーブルを表示します。2つのデータベースのそれぞれは比較のために選択されたテーブルのツリー構造を含むコンポーネント内で表示されます。テーブルカラムを表示、または、非表示するために、テーブルを折りたたむ、または、展開することができます。

 

データベース データの比較ウィンドウ内の表示オプション

 

データベース データの比較ウィンドウ内では、比較されるテーブルのスキーマは、デフォルトで表示されます。 データベースデータ比較オプション 内では、このオプションを無効化し、テーブルのデータソース名を各コンポーネントの’ヘッダー内で表示することを選択できます。


(C) 2019 Altova GmbH