データベース データの比較の実行

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  データベースデータの比較 >

データベース データの比較の実行

DiffDog 内のデータベースデータの比較は、次のステップにより構成されています。

 

 

ステップ 1: 「左側」 と 「右側」 データベースに接続する

 

1.「ファイル」メニューから「データベースの比較タブ」をクリックします。  (または、 「データ比較」 ic_data-comparison ツールバーボタンをクリックします。)  データベース ウィザード ステップに従い、データベースに接続します (次を参照: データベースへの接続)。
2.比較のためにデータベース オブジェクトを選択するようにプロンプトされると、データ ソース リストからデータ ソースを選択し、比較のために含むオブジェクトの横のチェックボックスを選択します。 データ ソース リストは、 DiffDog の起動時から接続されたすべてのアクティブなデータ ソースを表示しています。

dbdiff_compare_data_02

メモ:上のダイアログボックスから、任意で、データベース ツリー 構造上のボタンを使用して、データベース オブジェクトをグループ分け、検索、またはナビゲートすることができます。詳細に関しては、次を参照してください: データ ソースの参照.

 

3.「左側」、または、「右側」 をクリックして、比較の左側、または、右側にそれぞれデータ ソースを追加し、「OK」をクリックします。DiffDog が選択されたオブジェクトを比較に追加されることを待ちます。大きなデータベースでは、時間がかかる可能性があります。 この段階では、比較 コンポーネントの1つに割り当て済みのデータ ソースが存在します (選択対象により右側、または、左側に存在します)。

dbdiff_compare_data_04

4.空のコンポーネントの「参照」 diff_browse_button ボタンをクリックし、選択することが可能な場合、データ ソース リストから2番目のデータ ソースを選択します。それ以外の場合、 「クイック接続」 ic_quick-connect をクリックし、 2番目のデータ ソースに接続するためにウィザード ステップに従います。
5.比較するテーブルの横のチェックボックスを選択します。

 

 

ステップ 2: 比較するオブジェクトをマップする方法 (適用可能な場合)

 

比較の左側と右側内に表示される2つのオブジェクト間の比較を実行するには、 オブジェクトは線(「マッピング」)で接続される必要があります。 マッピングは、DiffDog にこれら2つのオブジェクトを比較するように命令します。デフォルトで、 DiffDog は、自動的にオブジェクトを名前別に一致使用と試みます。をして、対応するマッピングが作成されます。 マッピング オプションは、「ツール | DiffDog オプション | データベースの比較から調整することができます。必要な場合は、マッピングを手動で作成、または、既存のマッピングを調整することができます。 例えば、オブジェクト名が「左側」と「右側」内で異なる場合2つのオブジェクト間でマッピングを手動で作成する必要があるかもしれません。  マッピングを作成するには、左側のコンポーネントの三角形をクリックし、左側のマウスボタンを押したままで、右側のコンポーネント上の三角形にドラッグします。

 

比較の全てのマッピングを削除するには、どちらかのコンポーネントのタイトルバーを右クリックし、 「アイテムのマップを解除する」 をコンテキストメニューから選択します。単一のマッピングを削除するには、適切なオブジェクトを右クリックし、 「選択範囲のマップを解除する」 をコンテキストメニューから選択します。 または、2つのマップされたオブジェクト間の接続線をクリックし、「削除」を押します。

 

メモ:テーブルのマッピングの解除はそのテーブルの全ての列のマッピングを解除することに注意してください。

dbdiff_compare_data_15

データ比較内のマッピング

 

ステップ 3: 比較の実行

 

オブジェクト間のマッピングが作成されると、比較を以下のとおり実行することができます:

 

「差分とマージ」 メニューからをクリックします。 「比較の開始」 (または、 「比較の開始」 ic_start-comparison ツールバーボタンをクリック、または、 「F5」を押します)。

 

この段階では、比較の結果を詳しく確認することができます (次を参照: データベース内の差分の表示)、または、 マージ スクリプトを生成 (データベースの差分のマージ)。

 

 

テーブルの並べ替え、折りたたみ、展開方法

 

多くのオブジェクトを含むスキーマを簡単にナビゲートするには、差分を確認するために個別のテーブルを折りたたむ、または、展開することができます。左側内のテーブルをダブルクリックすると、同じテーブルが右側のコンポーネント内で展開されます (2つのテーブル間にマッピングが存在することが想定されます)。両方のコンポーネント内のすべてのテーブルを折りたたむために、以下のいずれかを行います:

 

「差分とマージ」 メニューから「テーブルの折りたたみ」をクリックします。
コンポーネントのタイトルバーを右クリックし、コンテキストメニューから「テーブルの折りたたみ」を選択します。

 

昇順、または、降順順序にテーブルを並べ替えることができます:

 

使用されていないエリアを右クリックして、コンテキストメニューから「テーブルの並べ替え | 昇順」 または 「テーブルの並べ替え | 降順」を選択します。 オプション 「マップされたテーブルを最初に昇順に並べ替え」「マップされたテーブルを最初に降順に並べ替え」 によりマッピングを持つテーブルに優先順位が与えられます。

 

 

テーブルの追加、または、テーブルの削除方法

 

比較にテーブルを追加するために、または、比較から既存のテーブルを削除するためには、データベース コンポーネントの右上にある「参照」 diff_browse_button ボタンをクリックし、 チェック ボックスを選択、または、クリアすることができます。


(C) 2019 Altova GmbH