データベースデータのマージ

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  データベースデータの比較 >

データベースデータのマージ

データ比較の実行後 (次を参照: データベースデータの比較の実行)、オプションで差分をデータベースの左側から右側へ、または、右側から左側にマージすることができます。 差分はデータベース全体、テーブル、または、行レベルでマージすることができます。

 

デフォルトでは、 データベース トランザクションとエラー時のロールバックはデータマージの際に有効化されています (データベースがこの操作をサポートすることが前提とされています)。次を参照してください: データベースデータの比較 オプション

 

メモ:互換性の無いデータ型の列をマージすることは不可能です (例えば、 文字列を数値型にマージするなど)。また、マージは一方の方向にのみ実行することが可能な場合があります (例えば、数値型は、文字列に変換することができますが、その逆は不可能です)。

 

DiffDog は互換性の無いマージを無視し、このような状況が発生した場合マージ前に通知します。 比較結果ビュー内で、マージは1つの方向にのみ実行可能で、小さな赤い矢印が緑の矢印と組み合わされて表示されています。緑の矢印の方向は、マージが可能な方向を示しています。 例えば、 下のイメージでは、後者が数値であるために、 (「text」 型) description 列は quantity 列 にマップすることはできません。 しかしながら、 quantity 列は description 列にマップすることが可能です。

dbdiff_compare_data_09

比較結果ビュー

 

マージを実行する

 

1.データベースデータの比較を行います (次を参照: データベースデータの比較の実行)。
2.以下のいずれかを行います:

 

データベースレベルで差分をマージするには、比較ウィンドウ内の使用されていないエリアを右クリックし、 「すべてを左側から右側へマージ」を選択します。
テーブルレベルで差分をマージするには、 比較ウィンドウ内のテーブルを右クリックし、 「選択範囲を左側から右側へマージ」を選択します。
行レベルで差分をマージするには、 比較結果ビュー内の行を右クリックし、 ic_copy-L2R 「左側から右側へコピーする」を選択します。

dbdiff_compare_data_12

 

3.「はい」 をクリックします。

(C) 2019 Altova GmbH