DiffDog オプション

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム > 

DiffDog オプション

「ツール | DiffDog オプション コマンドによりグローバルアプリケーション 設定を定義することができます。 これらの設定は、ダイアログボックス内で指定され、レジストリ内に保存されます。これらは現在と未来のドキュメントウィンドウに適用することができます。 DiffDog オプション ダイアログボックス内の「適用」 ボタンは、現在開かれている ドキュメント内の変更を表示し、現在の設定をフィックスします。背景 ウィンドウ内で変更をすぐに確認することができます。

 

DiffDog オプション ダイアログボックスの各ページは、このセクションで詳しく説明されています。

 

DiffDog 設定を変更する:

 

1.「ツール | DiffDog オプション... を選択、または、比較とマージツールバー内の DiffDog オプション ic_DD-options ボタン を選択します。

DiffDog オプション ダイアログボックスが表示されます。

 

2.次のオプションのためにタブを選択します:

 

アプリケーション
ファイルの比較
ディレクトリ比較
データベース比較
データベースデータ結果ビュー
ファイル型
ネットワークプロキシの設定
Java Settings

 

3.希望する変更を加え、 「OK」 をクリックします。

 


(C) 2019 Altova GmbH