DiffDog を SmartSVN と統合する

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  バージョンコントロールシステム 統合 >

DiffDog を SmartSVN と統合する

SmartSVN (http://www.smartsvn.com) を Subversion クライアントとして使用する場合、内蔵の比較ツールに加え、 DiffDog をファイルの比較ツールとして追加することができます。 SmartSVN 8.5 のために以下の構成命令を適用することができます。

 

比較ツールとして DiffDog を設定する:

1.SmartSVN を実行します。
2.「編集」 メニューからPreferencesをクリックします。
3.「ツール」から、ファイルの比較をクリックします。
4.「追加」をクリックし、 「外部の差分ツール」を選択します。
5.ファイル パターン の横に、DiffDog を使用して比較フルファイル型に一致するパターンを入力します。例えば、 *.xml.
6.コマンド の横に DiffDog 実行可能ファイルのパスを入力します。例えば、 C:/Program Files/Altova/DiffDog2019/DiffDog.exe

 

メモ:DiffDog 32 ビットを 64 ビット オペレーティングシステムで使用している場合、 パスを、 C:/Program Files ではなく、 C:/Program Files (x86) を指すように調整してください。

 

7.「引数」 の横に、 ${leftFile} ${rightFile} を入力します。

dlg_smartsvn

 


(C) 2019 Altova GmbH