ファイルの比較の実行

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ファイルの比較 >

ファイルの比較の実行

DiffDog を使用したファイルの比較の実行:

 

1.既にウィンドウが開かれていない場合は、新しいファイルの比較ウィンドウを開きます。デフォルトでは、空のファイルの比較ウィンドウを開きますが、このステップをスキップすることもできます。ファイルの比較ウィンドウを開くには、メニューオプション 「ファイル | ファイルの比較」を選択、 または、標準ツールバー内の「ファイルの比較」 ic_compare-files ボタン をクリックします。

ddent_comparison_window

2.比較されているファイル型  (バイナリ、 テキスト、 XML、 または 拡張子-ベースの) に適切な比較モードを選択します。詳細に関しては、次を参照してください: 比較モード
3.比較するファイルを選択します。 比較方法は、以下のとおりです:
既存のファイルの比較ウィンドウの左側のペインから、 「開く」 ic_open ボタンをクリックし、 「開く」 ダイアログボックス内のファイルを選択します。 URL からファイルを開くこともできます (次を参照してください: URL からファイルを開く)。
ファイルのフルパスを入力し、 「適用」 ic_apply ボタンをクリックします。

file_enter-path

Windows Explorer からファイルをペインにドラッグします。
ドロップダウンリストから前に比較されたファイルを選択します。

file_previous-comp

4.右側のペインのために同様のステップを繰り返します。

 

または、ファイルの比較を以下のように実行します:

 

1.ファイル メニューからをクリックします。 「開く」 (または、Ctrl+O を押します。).

dd_dlg_open_comparison

2.比較を開くダイアログボックス内で 「ファイルの比較」 を選択します。
3.比較するファイルを参照し、 「OK」 をクリックします。

 

ファイルの比較の別の方法は、以下のとおりです:

 

1.Windows Explorer 内で、2つの比較するファイルを選択します。 (Windows Explorer 内で、複数のファイルを選択するには、ファイルを選択中に Ctrl キーを押します。 )
2.ファイルの1つを右クリックし、 コンテキストメニューから、「Altova DiffDog を使用して比較する」 コマンドを選択します。

 

デフォルトで、比較される2つのドキュメントが比較ウィンドウにロードされると、 比較は、自動的に行われます。自動比較を有効化、または、無効化するには、以下を行います:

 

「比較とマージ」 メニューから、比較を自動的に開始する メニューコマンドを開きます。
比較を自動的に開始する ( ic_autostart-comparison ) ツールバー ボタンをクリックします。

 

更に、 比較は明示的に複数回開始することができます。比較を明示的に開始する場合、 以下を行います:

 

「比較とマージ」 メニューから、「比較の開始」 コマンドを開きます。
「比較の開始」 ( ic_start-comparison ) ツールバー ボタンをクリックします。

 

ドキュメントを編集する際、 編集中に比較する コマンドがオンに切り替えられている場合、入力中に動的に比較されます 。このオプションをオンまたはオフに切り替えるには、 以下を行います:

 

「比較とマージ」 メニューから、編集中に比較する コマンドを開きます。
編集中に比較する ( ic_compare-while-editing ) ツールバー ボタンをクリックします。

 

「比較の前にオプション設定を表示する」 コマンドがオンに切り替えられると、「比較オプション」 ダイアログボックスが比較が実行される前に表示されます ( DiffDog により動的に編集中に実行される場合を除外します)。 異なるオプションを使用した比較を実行するには、このオプションは役に立ちます。このオプションをオンまたはオフに切り替えるには、 以下を行います:

 

「比較とマージ」 メニューから、比較の前にオプション設定を表示する コマンドを開きます。

 


(C) 2019 Altova GmbH