テキストビュー内で視覚補助を使用する

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ファイルの比較 > ファイル内の差異の表示 > テキストビュー >

テキストビュー内で視覚補助を使用する

テキストビューには、テキストの表示と編集を簡単にする複数の視覚補助が搭載されています。以下の機能が含まれます:

 

行番号
構文の色分け
ブックマーク
ソースの折りたたみ
インデントガイド
行末と空白文字マーカー
ズーム
行/文字に移動
整形出力
ワードラップ
開始タグと終了タグの一致
テキストのハイライト

 

適用できる箇所で、「テキストビュー設定」 ダイアログボックスからカスタマイズ機能をオンとオフに切り替えることができます。「テキストビュー設定」 ダイアログボックス内の設定が、アクティブなドキュメントだけではなく、アプリケーション全体に適用されます。

dd_dlg_text_view_settings

「テキストビュー設定」 ダイアログボックス

「テキストビュー設定」 ダイアログボックスを開くには、 以下を行います:

 

テキストビュー メニューから、「テキストビュー設定」を開きます。
テキストルールバー内の「テキストビュー設定」 ボタンをクリックします。

 

テキスト ツールバー、アプリケーション メニュー、または、キーボードショートカット からナビゲーション補助の一部をオン、または、オフに切り替えることができます。

tb_text-view

テキスト ツールバー

ファイルの比較ウィンドウ内で適用することのできる全てのショートカットに関する情報に関しては、次を参照してください: 「テキストビュー設定」 ダイアログボックス内の 「キーマップ」 セクションは上に示されるとおりです。

 

行番号

「テキストビュー設定」 ダイアログボックス内でオンとオフを切り替えることのできる行番号余白内で行番号は表示されます。テキストのセクションが折りたたまれると、折りたたまれたテキストの行番号は隠されます。 関連した コマンドは、行/文字に移動 コマンドです。

 

構文の色分け

構文の色分けは、テキストの構文の値により適用されます。 例えば、XML ドキュメント内では、 XML ノードが要素、属性、コンテンツ、CDATA セクション、コメント、または、 処理命令、 ノード名 (ノードの コンテンツの一部) であるかにより、色分けされています。「ツール | DiffDog オプション」 メニューの ファイル型 タブから異なるファイル拡張子 (カスタム拡張子を含む) のための構文の色分けを有効化、または、無効化することができます。

 

ブックマーク

素早く参照し、アクセスするために、ドキュメント内の行を個別にブックマークすることができます。 ブックマーク 余白がオンに切り替えられると、ブックマークは、ブックマーク 余白内に表示されます。 それ以外の場合、ブックマークされたラインは青色にハイライトされます。

 

「テキストビュー設定」 ダイアログボックス内でブックマーク 余白をオフまたはオンに切り替えることができます。

 

テキストビュー メニューとテキスト ツールバー内のコマンドを使用してブックマークを編集し、ナビゲートすることができます。「テキストビュー | ブックマークの挿入/削除」 コマンドを使用してブックマークを挿入することができ、参照のためドキュメント内のラインをマークすることができます。 ブックマークは、ブックマークされたラインを選択し、「テキストビュー | ブックマークの挿入/削除」 コマンドを選択して削除します。 ドキュメント内のブックマークをナビゲートするには、「テキストビュー | 次のブックマークテキストビュー | 前のブックマーク」 コマンドを使用します。 これらのブックマーク コマンドをテキストツールバー内のアイコンとして使用することができます。

 

ソースの折りたたみ

ソースの折りたたみはソースの折りたたみ余白内で展開された、または、折りたたまれたノードを表示する機能を指します。 「テキストビュー設定」 ダイアログボックス内で余白をオンとオフに切り替えることができます。 テキストの一部を展開、または、折りたたむには、ウィンドウの左側の 「+」 と 「-」 ノード使用します。 折りたたまれたコードは、省略記号シンボルと共に表示されています。展開せずに折りたたまれたコードをプレビューするには、省略記号にマウスカーソルを移動します。これにより、下に示されるように、プレビューされるコードを表示します。プレビューするテキストが大きすぎてヒントにフィットしない場合、追加省略記号がヒントの終わりに表示されます。

source_folding

テキスト ツールバー内の「全ての行の展開/折りたたみ」 コマンドは、全てのノードを展開された、または、折りたたまれたフォームを切り替えます。

 

インデントガイド

インデントガイドは、インデントの行の範囲を示す点線です (上のスクリーンショットを参照)。 「テキストビュー設定」 ダイアログボックス内でオンとオフが切り替えることができます。

 

行末のマーカー、空白文字マーカー

行末の (EOL) マーカーと空白文字マーカーは、「テキストビュー設定」 ダイアログボックス 内でオンに切り替えることができます。下のスクリーンショットはドキュメント内でのこれらのマーカーを表示しており、それぞれが空白文字を示しています。

text_whitespace-CR

 

ズームインとズームアウト

Ctrl キーを押しながら、(マウスのスクロールホイールを使用して)スクロール  することによりテキストビューをズームインおよびズームアウトすることができます。 DiffDog オプション ダイアログボックス内フォントのサイズを大きくすることができます。

 

行/文字に移動

「表示」 メニューとテキスト ツールバー内のこのコマンドにより、ドキュメントテキスト内の特定のラインと文字に移動することができます。

 

整形出力

「XML テキストを整形して出力」 コマンドは、ドキュメントの構造された表示を与えるためにテキストビュー内の アクティブな XML ドキュメンを整形します。 各子ノードは、親から 4つのスペース文字オフセットに表示されます。

XML ドキュメントを整形出力するには、「テキストビュー | XML テキストを整形して出力」 メニューコマンドを選択、または、 テキスト ツールバー内の ic_pretty-print ボタンをクリックします。

メモ: 「XML テキストを整形して出力」 コマンドは、切り替えコマンドではありません。 コマンドが実行されると、  「XML テキストを整形して出力」 コマンドクリックしても整形された書式を元に戻すことができません。整形された書式を元に戻すには、元に戻す (Ctrl+Z または Alt+Backspace) コマンドを使用してください。

 

ワードラップ

現在アクティブなドキュメント内でワードラップを切り替えるには、「テキストビュー | ワードラップ」 メニューコマンドを選択、または、テキスト ツールバー内の ic_word-wrap ボタンをクリックします。

 

開始タグと終了タグの一致

マークアップ要素の 開始 または 終了タグにカーソルを置くと、対応する開始、または、終了タグがハイライトされます。開始タグ内で要素の名前を編集すると、終了タグも自動的に編集されます。

 

テキストのハイライト

テキストを選択すると、ドキュメント内のテキスト選択範囲のすべての一致は自動的にハイライトされます。 選択範囲は薄い青でハイライトされ、一致する箇所は薄いオレンジ色でハイライトされます。選択範囲と一致する箇所は、スクロールバー上で灰色の四角のアイコンにより表示されます。 現在のカーソルの位置は、スクロールバー内の青いカーソルマーカーにより表示されています。

 


(C) 2019 Altova GmbH