繰り返し要素をテーブルとして表示する

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ファイルの比較 > ファイル内の差異の表示 > グリッドビュー >

繰り返し要素をテーブルとして表示する

通常のグリッドビューでは、下のスクリーンショット内で表示されるように、各ノードには自身のグリッド行が存在します。

 

grid_view-normal

 

同じ 階層的なレベルで同じ要素が複数回発生する場合 (上のスクリーンショット内の member 要素ように)、テーブルとして作成された各要素の発生が行として表示されるテーブルとして表示することができます (下のスクリーンショット)。 テーブル要素の 子ノード (属性、 要素、など) はテーブルの列として表示されます。

grid_view-table

 

テーブルとして複数の要素を表示する:

 

1.テーブルとして作成される要素の発生を1つ選択します。
2.メニューオプション 「グリッドビュー | テーブル | テーブルとして表示する」 を選択します。または、グリッドツールバー内の 「テーブルとして表示する」 ic_display-as-table ボタンをクリックします。

 

テーブルビューから通常の グリッドビューに切り替える:

 

テーブル または(列またはセルではなく)その行を選択し、 「テーブルとして表示する」 ic_display-as-table ツールバーアイコンをクリックします。

テーブル要素は、通常のグリッドビューに切り替えます。

 

テーブルの編集

テーブルの構造とコンテンツをテーブルメカニズムを使用して編集することができます。 例えば、 行 (新規のテーブル要素の発生) と列 ( すべてのテーブル要素の発生のための新規の子ノード) をテーブルに挿入することができ、テーブルを列別に並べ替えることができます。

grid_view-table-sorted

上のスクリーンショットでは、 テーブル (member 要素) が pop 列上で並べ替えられています (これは pop 列 を選択し、コマンド 「グリッドビュー | テーブル | 昇順で並べ替え」をクリックして行います)。

 


(C) 2019 Altova GmbH