グリッドビュー

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ファイルの比較 > ファイル内の差異の表示 >

グリッドビュー

Altova Web サイト: _ic_link xml diff

グリッドビューは、整形式の、通常 XML ファイルであるファイルを表示するために使用されます。 グリッドビューでは、 各ノードはグリッド内の行として表示されます。 これにより、グラフィカルなビュー内で階層を確認することができ、ドキュメント全体をより簡単にナビゲートし、ドラッグアンドドロップなどのグラフィカルなメカニズムを使用してドキュメントの構造を操作することができます。

grid_view-display

上のスクリーンショットで確認できる次の点に注意してください :

 

ノード名は太字で表示され、コンテンツは通常のフォントで表示されます。
異なるノード型は、異なるシンボルで表示されています。 例えば、 属性は、赤 = シンボルで表示され、 要素は赤い角かっこで表示されます。
1つのドキュメントから他のドキュメント内で異なるノードがハイライトされ、異なる色で現在の差分がハイライトされます。
2つのドキュメント内の対応する差分はラインでジョインされます。

 

グリッド行の左端の上向きの矢印をクリックしてノード (行) を展開し、折りたたむことができます。 ノード名 または ノードコンテンツを編集するには、カーソルを挿入する箇所をダブルクリックします。行を選択して希望する場所にドラッグして、グリッド行を新規の場所にドラッグすることができます。隣り合うように存在する複数のノードをこの操作のために選択することができます。対応する グリッドビュー メニューコマンド (またはそのツールバーアイコン)を使用して個別のノードを左に移動または右に移動することができます。 これは、ドキュメント階層内のノードの場所を変更します。 構造とコンテンツのグラフィカルな操作は、グリッドビューの他のモードであるテーブルビュー内で更に強化されています。

 

列は、枠を左または右にドラッグすることによりサイズを調整することができます。

 


(C) 2019 Altova GmbH