DiffDog内の Microsoft Word ドキュメントを編集する

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  Microsoft Word ドキュメントの比較 >

DiffDog内の Microsoft Word ドキュメントを編集する

2つのファイルの 比較を実行差分を確認 すると、直接 DiffDog 内でファイルのコンテンツを編集することができます。コンテキストメニュー または キーボードショートカットから Microsoft Word の全ての機能を使用することができます。

 

テキストの検索と置換

Word 比較ウィンドウ内で、 DiffDog は、自身の検索と置換の機能を使用しませんが、代わりに Microsoft Word の 検索と置換 ダイアログボックスへのアクセスを提供します。 Microsoft Word の 検索と置換 ダイアログボックスを呼び出すには以下を行います:

 

テキストを検索するペイン内にカーソルをポイントし、 Ctrl+F を押す、または 標準ツールバー内の 検索 ic_find ボタンをクリックします。

 

Microsoft Word の検索と置換の機能の詳細に関しては、対応する Microsoft Word ヘルプページを参照してください。

 

ドキュメントの再ロード、

最後に保存した時からドキュメントに加えられた全ての変更を元に戻すことができます。また、DiffDog にファイルを再ロードすることができます。変更が失われることを通知する警告メッセージが表示されます。

 

DiffDog にファイルを再ロードする:

 

1.比較ウィンドウの対応するペイン内で、再ロード ic_reload ボタンをクリックします。
2.ファイルが前回保存された後変更されている場合、 警告メッセージが表示されます。

dd_dlg_word_unsaved

3.再ロードする場合「はい」をクリック、または、オペレーションをキャンセル場合 「いいえ」 をクリックします。

 


(C) 2019 Altova GmbH