Oracle (JDBC) への接続

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  データベースへの接続 > データベース接続のサンプル >

Oracle (JDBC) への接続

JDBC インターフェイスを使用して、クライアントマシンから、 Oracle データベースサーバーへの接続の方法を説明します。接続は、 Oracle Web サイトから使用することのできる、Oracle Instant Client Package (Basic) を使用する、Java 接続として作成されます。接続の型の利点は、Oracle Instant Client Package により与えられる Java 環境と .jar ライブラリのみを必要とし、更に複雑なデータベースクライアントをインストールする手間を省くことができる必点です。

 

前提条件:

 

JRE (Java Runtime Environment) または Java Development Kit (JDK) がインストールされている必要があります。 これは Oracle JDK または  Oracle OpenJDK などのオープンソースビルドであることができます。 DiffDog は次のロケーションから Java Virtual Machine (JVM) へのパスを次の順序で決定します: a) アプリケーション オプション内で設定したカスタム JVM パス Java 設定を参照してください ; b)Windows  レジストリ内で見つかった JVM パス; c) JAVA_HOME 環境変数。
DiffDog (32-ビット、 64-ビット) のプラットフォームが JRE/JDK のプラットフォームに一致することを確認してください。
Oracle Instant Client Package (Basic) が使用中のオペレーティングシステムで使用可能である必要があります。 パッケージは、Oracle の公式 Web サイトからダウンロードすることができます。このサンプルは、 Windows 32-ビットのための Oracle Instant Client Package バージョン 12.1.0.2.0 を使用します。
データベース 接続の詳細があります: ホスト、データベース パス、またはエイリアス、 ユーザー名、およびパスワード。

 

クライアントパッケージ を使用して Oracle に接続する:

1.データベース接続ウィザードを開始します
2.「JDBC 接続」をクリックします。
3.「クラスパス」の横にデータベースへの接続を与える .jar ファイルへのパスを入力します。必要であれば、セミコロンで区切られた .jar ファイルパスのリストを入力することもできます。このサンプルでは、必要とされる .jar ファイルは次のパスを使用して見つけることができます: C:\jdbc\instantclient_12_1\odbc7.jar。 .jar ファイルパスをオペレーティングシステムの CLASSPATH 環境変数に追加した場合、「クラスパス」テキストボックスを空白のままにすることができます。 (次も参照: CLASSPATH の構成)。
4.「ドライバー」ボックスから、oracle.jdbc.OracleDriver または oracle.jdbc.driver.OracleDriver  を選択します。 このエントリは、有効な .jar ファイルパスが、「クラスパス」テキストボックス内、または、オペレーティングシステムの CLASSPATH 環境変数内で検出された場合のみ使用することができます (前のステップを参照してください)。
5.データベースへのユーザー名とパスワードを対応するテキストボックスに入力します。

dbc_oracle_jdbc

6.ハイライトされた値を、使用するデータベースサーバーに適用する値と置き換えて、データベース URL テキストボックス内にデータベースサーバーへの接続文字列を入力します。

jdbc:oracle:thin:@//host:port:service

7. 「接続」をクリックします。

(C) 2019 Altova GmbH