新規のデータベースの作成

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  チュートリアル > "Nanonull" データベース >

新規のデータベースの作成

このチュートリアルの部分は、 DatabaseSpy を使用した新規の SQLite データベースの作成方法について説明しています。このステップはファイルベースのステップであるため、 Microsoft Access データベースのためのステップに類似しています。サーバーでホストされているデータベースに関しては、データベースの作成は異なるアプローチを必要とします。 次を参照してください: "ZooDB" データベース チュートリアル。

 

新規の SQLite データベースを作成する方法:

 

1.DatabaseSpy を起動します。データソースの追加 ダイアログボックスが開かれます (メニューコマンド 「ファイル | データベース接続の作成を使用してこのダイアログボックスをいつでも開くことができます)
2.SQLite を選択し、次へをクリックします。

dbs_tutorial_createdb1

3.新規の SQLite データベースの作成を選択します。
4.参照 をクリックして、目的のパスと名前を選択します。

dbs_tutorial_createdb2

メモ:SQLite データベース ファイルの拡張子のための制約は存在しません。 簡単に識別するには、ファイルに Demo.sqlite  という名前を付け、 .db などの他の拡張子を使用することができます (このドキュメントと付随するサンプルファイルは、 .sqlite サフィックスを使用していることに注意してください)。このチュートリアルのスコープのために、データベースファイル名の代わりに専用のフルパスを使用することが奨励されます。

 

5.接続 をクリックします。データソースに名前を与えるようにプロンプトされます。 例:

dbs_tutorial_createdb3

6.デフォルトの値をそのままにして、 「OK」 をクリックします。

 

DatabaseSpy グラフィカルなインターフェイスの左上のエリア内のプロジェクトウィンドウ内でデータソースを使用することができます。 データベースへの接続が現在アクティブであることを示すデータソース アイコンが dbs_ic_connected であることに注意してください。データベースに素早く接続、または、接続を解除するには、接続 を右クリックし、 接続 (接続の解除) をコンテキストメニューからそれぞれ選択します。 データソースの接続が解除されていると、アイコンは dbs_ic_disconnected に変更されます。

dbs_tutorial_createdb4_PRO

プロジェクトウィンドウ

プロジェクトウィンドウ内でデータソースが選択されると、プロパティウィンドウ内で接続の詳細が表示されます。これはデータソースだけではなく、テーブル、列、 SQL スクリプトなどを含むユーザーインターフェイスから選択することのできるすべてのオブジェクトに適用されます。

 

 

DatabaseSpy プロジェクト

 

プロジェクトはデータベース接続と SQL スクリプトなどのデータベースに関連したファイルを整理する便利な方法を提供します。 DatabaseSpy プロジェクトとしてデータを保存する場合、データベース接続ウィザードを再度使用する必要がないため同じデータベースへの接続を以降簡単に行うことができます。

 

作成された DatabaseSpy プロジェクトを保存するには、次のいずれかを行ってください:

 

ファイル メニューから、名前を付けてプロジェクトを保存をクリックします。
プロジェクトウィンドウ内で プロジェクトを保存する dbs_ic_saveproj ボタンをクリックします。

 

同じ プロジェクトに複数のデータベース接続を便利に追加することができます。これを行うには、プロジェクトウィンドウ内の"データソース" フォルダーを右クリックし、 新規のデータソースの追加 をコンテキストメニューから選択します。


(C) 2019 Altova GmbH