ルートオブジェクトの選択

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  データソースの参照 >

ルートオブジェクトの選択

現在サポートされているデータベースのためのルートオブジェクトは、以下のとおりです:

 

Firebird

データベース

IBM DB2

スキーマ

IBM DB2 for i (iSeries)

スキーマ

IBM Informix

データベース

MS Access

データベース

MS SQL Server

データベース

MySQL

データベース

Oracle

スキーマ

PostgreSQL

データベース

Progress OpenEdge

データベース

SQLite

データベース

Sybase

データベース

 

オンライン ブラウザー内で、データソースに接続されている場合、 データベースの一部のために、コンテンツを参照するためにルートオブジェクトを選択することができます。 次のプロシージャは MS SQL Server をサンプルとして使用しています。

 

オンライン ブラウザー内でルートオブジェクトを選択する方法:

1.現在選択されている データベースの横の矢印アイコン ic-root-arrow をクリックします。 データソース内に含まれているルーとオブジェクトが表示されます。

tab_online-browser-select-root-obj

2.リストから希望するルートオブジェクトを選択します。

(C) 2019 Altova GmbH