グローバル SQL ステートメント

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  Altova グローバルリソース
> グローバルリソースを使用する
 >

グローバル SQL ステートメント

*.SQL ファイルとして保存されているSQL ステートメントは、 DatabaseSpy  内でファイル型グローバルリソースとして使用することができます。例えば、開発および生産データベースを異なる名前および/またはロケーションで使用する場合、現在アクティブなデータベースをクエリ2つの異なる SQL ステートメントが必要になります。これらの SQL ステートメントをグローバルリソースとして定義することにより、2つのデータベース間をマウスクリックで切り替えることができるだけでなく、 SQL エディターに対応する SQL クエリが表示されます。 SQL エデイターをデータソースと同期 させ、クエリを実行するだけです。

 

SQL エディターでファイル型のグローバルリソースを表示する

ファイル型のグローバルリソースを SQL エディターで他の SQL 同様、表示、編集そして実行することができます。 「グローバルリソースの管理」 ダイアログの 「表示」 ボタンをクリックすると、 SQL エディターが背景で表示され、 「グローバルリソースの管理」 ダイアログは開いたままのため、必要な場合グローバルリソースを編集または削除することができます。

dlg_glob-res-view-SQL

または 「ファイル」 メニューを使用してグローバルリソースを開きます。

 

SQL エディターでファイル型グローバルリソースを表示する:

 

1.メニューオプションから 「ファイル | グローバルリソースを開く... を選択して、 「グローバルリソースの選択」 ダイアログ ボックスを表示します。

 

2.ファイルディレクトリからファイル型グローバルリソースを選択して 「OK」 をクリックします。新しい SQL エディター ウィンドウのエイリアス名に新しいファイルが表示されます。

 

または、以下を行います:

 

1.メニューオプションから 「ツール | グローバルリソース...」 を選択するか 「グローバルリソースの管理」 ic_manage-global-resources ツールバーボタンをクリックして 「グローバルリソースの管理」 ダイアログを開きます。

 

2.ファイルフォルダーから、表示したい SQL ファイルのエイリアスの名前を選択して、「表示」 ボタンをクリックします。

 

3.「キャンセル」 をクリックして、 「グローバルリソースの管理」 ダイアログを閉じます。

 


(C) 2019 Altova GmbH