DatabaseSpy プロジェクト内のデータソース

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  Altova グローバルリソース
> グローバルリソースを使用する
 >

DatabaseSpy プロジェクト内のデータソース

DatabaseSpy で作業する場合、データベース型のグローバルリソースを複数の方法で活用することができます:

 

グローバルリソースをデータソースとしてプロジェクトに追加する
既存のデータソース接続をグローバルリソースに変換する
プロジェクトにグローバルリソースをコピーする (これにより、グローバルリソースをローカル データソース接続とします)

 

グローバルリソースからデータソース接続を追加する

「ファイル | データベース接続の作成...」 メニューまたは、プロジェクトウィンドウ内のデータソースフォルダーを右クリックし、コンテキストメニューから新しいデータソースの追加を選択することにより、グローバルリソースからデータソースを追加することができます。両方のオプションにより、グローバルリソースページからグローバルリソースを選択することのできる 「データベース接続の作成」 ダイアログが表示されます。

dlg_quick-connect-glob-res

各エントリの上にマウスをポイントすると、グローバルリソース内の異なる構成の情報を表示するバルーンヘルプがポップアップします。

 

既存のデータソース接続をグローバルリソースに変換する

DatabaseSpy プロジェクトに表示されるデータソース接続は、マウスクリック1つでグローバルリソースに変換されることができます。

tab_project-convert-to-glob-res

グローバルリソース XML ファイルに追加されたデータソースは、 このため、すべての Altova アプリケーションで使用することができます。プロジェクトウィンドウ内のアイコンはデータソース接続がグローバルリソースに変更されたことを表示することに注意してください。

tab_project-global-resource

プロジェクト ウィンドウのデータソース フォルダーを右クリックすると、プロジェクト内のすべてのデータソースをグローバルリソースに変換するオプションが表示されます。

 

グローバルリソースをプロジェクトにコピーする

グローバルリソースの特定の構成を使用する場合、プロジェクトにグローバルリソースを追加し、プロジェクトにローカルデータソース接続としてコピーして、グローバルリソースをプロジェクトから削除します。プロジェクトにグローバルリソースをコピーする前に、適切な構成が選択されていることを確認してください。データソースがローカルになると、アクティブな構成のみが使用可能になります。

 

グローバルリソースをプロジェクトにコピーする:

 

1.プロジェクトウィンドウから、グローバルリソースとしてプロジェクトに追加されたデータソースを右クリックします、そしてコンテキストメニューからグローバルリソースをプロジェクトにコピーします

 

2.データソースの名前の設定 ダイアログに名前を入力して、OK」 をクリックします。

 

3.オプションとして、プロジェクトからグローバルリソースを削除します。

 


(C) 2019 Altova GmbH