データベース内の差分の表示

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  データベースデータの比較 >

データベース内の差分の表示

データ比較を実行した後、 (次を参照: データベースデータの比較の実行)、 ハイレベルの結果が直接データ比較 ウィンドウ内に表示されます。具体的には、比較の結果が次のアイコンにより表示されます:

 

ic_equal

比較されたオブジェクトは両方のコンポーネント内で同様です。

ic_different

左側と右側のコンポーネント内のオブジェクト間に差分が存在します。

 

異なるオブジェクトは緑色でハイライトされています。 比較アイコンにマウスカーソルが移動されると、追加情報を含むバルーン ヒントが表示されます。

dbdiff_compare_data_06

更に詳しい比較の結果を確認するには、以下のいずれかを行います:

 

比較の結果 アイコン ic_diffs をテーブルのためにクリックします。
差分が存在するテーブルを右クリックして、 「選択された結果を表示する」 をコンテキスト メニューから選択します。

 

これにより、各れる間に差分がある場所でグリッドが開かれ、 「比較結果ビュー」と呼ばれるビューで横に並べて表示されます。

 

メモ:次のテキストと共にダイアログボックスが表示される場合: 「データが同等ですが、コンテンツを開きますか?」というメッセージが表示されますが、これは、上記のコマンドが差分の存在しないテーブルのために実行されていることを意味します。

 

ウィンドウ内にも比較の結果は表示されます。

dbdiff_compare_data_05

ここからは、更に比較の結果を理解することができます:

 

2つのテーブル間の差分を確認するには、「結果ウィンドウを表示する」をクリックします。
テーブルのペアのみを確認するには、 「差分を持つ結果のみを表示する」をクリックします。
すべてのテーブルのペアを横に並べて確認するには (差分の有無に関係なく) 「すべての結果を表示する」.をクリックします。 各テーブルペアのために新規のタブが作成されましたが、、 「すべての結果を表示する」をクリックすることがで奨励されあます。各テーブルのために新規のタブが作成されるため、多数のテーブルを持つデータベースをクリックすることは奨励されません。

 

 

比較結果ビュー

 

テーブルのペア間に存在する差分を表示します。下に示されるように、(左側のテーブル と 「右側」 テーブル内に存在するため)各列は2度表示されます。下のサンプルでは、列 quantity は2つの状況で変更されており、新しい行 (id = 11) は右側のテーブルでのみ存在します。

dbdiff_compare_data_08

ツールバーボタンを使用して、ビュー内で行をカスタマイズ、または、差分をナビゲートして表示される行をカスタマイズすることができます。

 

アイコン

コマンド

説明

ic_show-equal

等しい行の表示/非表示

左側と右側のコンポーネント内で同じ行を表示、または、非表示します。

ic_show-different

異なる行の表示/非表示

左側と右側のコンポーネント内で異なる業を表示、または、非表示します。

ic_show-hide-left-rows-only

左側のみにある行の表示/非表示

左側のコンポーネント内にのみ含まれるテーブル内の行を表示、または、非表示します。

ic_show-hide-right-rows-only

右側のみにある行の表示/非表示

右側のコンポーネント内にのみ含まれるテーブル内の行を表示、または、非表示します。

ic_show-hide-nodiff

差分のない行を表示/非表示

差分が存在しない列を表示、または、表示しません。

ic_next-stmt

次の差分

現在差分としてドキュメント内の次の差分を選択します。このコマンドが無効化されている場合、 グリッド上の差分をクリックしてください。

ic_previous-stmt

前の差分

現在の差分としてドキュメント内の前の差分を選択します。

ic_last-stmt

最後の差分

現在の差分としてドキュメント内の最後の差分を選択します。

ic_first-stmt

最初の差分

現在の差分としてドキュメント内の最初の差分を選択します。

ic_merge-selected-left2right

左側から右側へデータをマージする

左側から右側へ差分をマージすることのできるダイアログボックスを表示します。次も参照してください: データベースの差分のマージ.

 

このコマンドが無効化されている場合、 グリッド上の差分をクリックしてください。

ic_merge-selected-right2left

左側から右側へデータをマージする

右側から左側へ差分をマージすることのできるダイアログボックスを表示します。

ic_find-diff

検索

比較結果ビュー内で特定の文字列を検索します。

ic_show-data-inspector

データ検査ウィンドウの表示

データセルのフルコンテンツを確認することのできるデータ検査ウィンドウを開きます。

ic_goto-statment

テーブルマッピングへ移動

データ比較ウィンドウを表示します ( 「最大化」 ic_maximize-diff ボタンをクリックした後、この操作が必要になります)。

ic_maximize-diff

結果ウィンドウを最大化

比較の行をできるだけ多く表示できるようにグリッドのサイズを最大化します。

dbdiff_ic_charts

チャートを表示する

差分をチャートとして表示します。

 

比較結果ビューの外観をカスタマイズすることができます、次を参照してください: データベースデータの比較 オプション


(C) 2019 Altova GmbH