XML スキーマの管理

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  XML スキーマの管理 >

XML スキーマの管理

To add, modify, or delete XML schemas, DatabaseSpy provides データベースのための XML スキーマの管理 ダイアログボックス which can be accessed via a メニューコマンド or using a ツールバー アイコン. Unless you are connected to a data source supporting XML, the ダイアログボックス appears in the Offline state.

dlg_XMLschema-management-offline

The ダイアログボックス provides a データベースへ接続 ic_quick-connect ボタン which allows you to call the Add a Data Source ダイアログボックス and connect to a data source. DatabaseSpy connects to データソース in the background and you can add, delete, or modify XML schemas for this database.

 

If you are connected to at least one data source, when you open the ダイアログ, you can use the left ドロップダウンリスト to select a data source connection from the project that is currently open in DatabaseSpy. If you select a connection to a database that does not support XML, or for which XML support is not yet implemented in DatabaseSpy, a corresponding information message is displayed in the list box of the ダイアログボックス.

 

For supported data source connections, DatabaseSpy automatically displays XML スキーマ that are registered with the database in the list box of データベースのための XML スキーマの管理 ダイアログボックス. You can then add schemas, change them, drop schemas from the database, or select an XML schema and view it in XMLSpy. Any changes you make are not directly committed to the database. Edited objects are marked new (ic_new), changed (ic_changed), or deleted (ic_delete) in the list box (下のスクリーンショットを参照してください)。 You must actively commit the changes in order for the changes to become effective.

dlg_manage-schemas

デフォルトでは、 only the Schema and Location columns are displayed in the ダイアログボックス. You can, however, activate the 詳細の表示 チェックボックス, which is located at the bottom right of the ダイアログボックス, to show also the Schema name (if applicable), Namespace, Decomp. (if applicable), and 説明 columns. If dependent XML schemas are present, you can view these objects by clicking the expand アイコン in the list box. The ダイアログボックス is resizable so as to allow you to conveniently view all the information if the 詳細の表示 チェックボックス is activated and additional information is displayed.

 

All the functions in this ダイアログボックス are also available in a コンテキストメニュー that opens when you right-click anywhere in the list box.

mnu_context-xml

 

To open データベースのための XML スキーマの管理 ダイアログボックス:

Select メニューオプション 「ツール | スキーマの管理」 for Databases, or click the 「スキーマの管理」 ic_xml-schema アイコン in the Tools ツールバー, or オンラインブラウザー内で XML スキーマと選択し、 Manage XML Schemas... をコンテキストメニューから選択します。

 

または、if the 結果ウィンドウ is in the Editing mode:

 

1.Click the Browse ボタン inside an XML data cell you want to edit and choose Change XML Schema from the ポップアップメニュー.
2.XML スキーマの選択 ダイアログボックス内で、 select the Schema from Database ラジオボタン. It is not necessary to select an XML schema from the ドロップダウンリスト.
3.「スキーマの管理」 ボタンをクリックします。 データベースのための XML スキーマの管理 ダイアログボックスが開かれます。 Please note that the left ドロップダウンリスト is disabled in this case. Changes can only be made for the active data source.

 

 

To connect to a different database:

Click the データベースへ接続 ic_quick-connect アイコン in the upper left part of データベースのための XML スキーマの管理 ダイアログボックス to open the Add a Data Source ダイアログボックス. データベースのための XML スキーマの管理 ダイアログボックス remains open in the background.

 

 

To list the available XML schemas of a database connection:

1.データベースのための XML スキーマの管理ダイアログボックス内で、 select a database from the left ドロップダウンリスト or connect to a different database as described above.
2.必要な場合、 select a database schema from the right ドロップダウンリスト.
3.任意で、 activate the 詳細の表示 チェックボックス to display also namespace, decomposition, and description of the listed XML schemas.

(C) 2019 Altova GmbH