XML スキーマの割り当て

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  XML スキーマの管理 >

XML スキーマの割り当て

You can assign an XML schema to a database column or, in DB2 databases, field of type XML. This schema is used for data validation when an INSERT or UPDATE action is performed. The XML スキーマの選択 ダイアログボックス lists XML スキーマ that is currently assigned to an XML 列/data cell and allows you to assign an XML schema to the selected column/cell.

dlg_choose-XML-schema

You can choose one of the existing XML schemas that are registered with the database. If you want to add an additional XML schema to the database, click the 「スキーマの管理」 ボタンをクリックします。

 

After you have assigned an XML schema to an XML 列/field, you must commit the changes to the database. At this stage, DatabaseSpy validates the XML file that is contained in the XML 列/field against the assigned XML schema and reports any errors to the Message tab. If the validation fails, XML スキーマ assignment cannot be committed to the database.

tab_output-invalid-XMLschema

 

To assign an XML schema to a database column or field of type XML:

1.データベースの型により、 次のいずれかを実行してください:

 

DB2 データベース内で、 and provided that the 結果ウィンドウ is in the Editing mode, click the Browse ic_change-xml ボタン in the XML data cell you want to edit, and choose 「XML スキーマの割り当て」 from the menu that appears.
SQL Server データベース内で、 right-click the column in the オンラインブラウザー and choose 「XML スキーマの割り当て」 をコンテキストメニューから選択します。

 

XML スキーマの選択 ダイアログボックスが開かれます。

 

2.次のいずれかを実行してください:

 

Select the Schema from Database ラジオボタン and choose one of the registered XML schemas from the ドロップダウンリスト. 任意で、 click the 「スキーマの管理」 ボタン to add a schema to the database.
To remove any XML schema assignment from the column/data cell, select the None ラジオボタン.

 

3.「OK」をクリックします。
4.データベースの型により、 次のいずれかを実行してください:

 

DB2 データベース内で、 click the ic_commit ボタン in the 結果ウィンドウ.
SQL Server データベース内で、 execute the change script.

(C) 2019 Altova GmbH