Viewing and Modifying 外部キー

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  データベース構造の探索と変更 > デザインエディター内でのテーブルのデザイン >

Viewing and Modifying 外部キー

After you have executed the change script, the 外部キー ic_foreign-key-column アイコン for columns is displayed to the left of the 列名 in the Columns folder of the オンラインブラウザー and when you show the table in デザインエディター ウィンドウ. オンラインブラウザー内で、 the name of the 外部キー制約 will also show up in the Keys sub-folder of the 個々の table and will be marked with the 外部キー ic_foreign-key-constraint アイコン.

 

オンラインブラウザー内で、 the column definition can be viewed in detail by expanding the 外部キー entry in the Keys folder.

ob_foreign-key

デザインエディター ウィンドウ内で、 the column the 外部キー is assigned to is displayed in bold when you select the 外部キー制約 in the Keys section.

design_FK-constraint

You can also display the referenced table in デザインエディター ウィンドウ. Right-click the table design and select Add related tables | Referenced Tables をコンテキストメニューから選択します。 The table that is referenced by the 外部キー制約 is added to the design. Click the connector line or the label to indicate all keys and columns that are involved in the 外部キー relation.

design_foreign-key

 

Modifying a 外部キー制約

You can rename, delete or change the definition of a 外部キー制約. Note that the 外部キー制約 is always deleted first and then recreated with the new definition. The 個々の SQL statement is generated automatically in the データベース構造変更スクリプト window if you modify the 外部キー definition in デザインエディター ウィンドウ.


(C) 2019 Altova GmbH