SQL プロパティ

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  DatabaseSpy プロジェクト > プロパティ >

SQL プロパティ

The following properties of SQL files as well as SQL エディターウィンドウ (with or without SQL ステートメントs) are displayed in プロパティウィンドウ:

 

概要

ファイルの型

Always reads "SQL" for SQL files.

 

 

オプション

SQL エディター should require semicolons

Activate this チェックボックス to improve performance and reliability of all parser-dependent operations. Only statement that are terminated with a semicolon will be considered by the parser.

Group statements for execution with:

Here you can choose how statements should be grouped when the script in the SQL エディターウィンドウ is executed.

 

全般

データベース型

保存されていない SQL エディターウィンドウでは、このドロップダウンリストを使用すると、データベースの型を定義することができます。このフィールドは、データソースが選択されると自動的に適用されます。

データソース

プロジェクトに追加されたデータソースから選択することができます。複数のデータソースを同時にアクティブ化することができ、データソースを SQL ファイルにグループまたは個別に割り当てられます。

 

注意点: プロジェクトタブ内で作成された割り当ては、これらが開かれ実行される際に SQL ファイルに適用されます。

ルートオブジェクト

データソースが既に選択されている場合、ドロップダウンリストからルートオブジェクトを選択することができます。

 

説明

説明

ファイルの説明文をここに入力することができます。

 

 

ファイル

変更日時とアクセスの日時の作成

相対する作成と変更の日時、および、ファイルへの最終アクセスに関する情報が表示されます。

サイズ

ファイルのサイズが表示されます。

非表示のみを読み取る

これらのプロパティは読み取り専用で、 DatabaseSpy の外部での変更することができます。

フルパス

ファイルへのフルパスを表示します。ロケーションに直接移動するには、プロジェクトウィンドウ内でファイルを右クリックし、 ファイルをロケート... をコンテキストメニューから選択します。

 

Default properties for SQL エディターウィンドウ

The following scenarios can occur when you open a new SQL エディターウィンドウ:

 

No project: If no project has been opened in プロジェクトウィンドウ, any new SQL エディターウィンドウ that you open will have the properties Database Kind = "Unknown" and Data Source = "Offline".
接続済みのデータソース: If you open an SQL エディターウィンドウ immediately after you have connected to a data source, the connection properties of this data source will be used for that SQL エディター ウィンドウ。 Note that データソース still has to be selected in the プロジェクトウィンドウ。
Several データソース defined in one project: If you have opened a project with several different データソース, you can set the connection properties by clicking on a particular data source before opening an SQL エディター ウィンドウ。 If you select a disconnected data source, 実行ターゲットバー provides you with a Connect ボタン to establish a connection to データソース. Clicking on any other item in プロジェクトウィンドウ will open an SQL エディター in the Offline mode.

 

Working with SQL files in the Offline mode

One of the options available to you when selecting from データソース combo box is "Offline". Designating an SQL file as offline means that it is blocked from being executed. The file cannot be executed when opened in the SQL エディター or when selecting 実行 SQL from コンテキストメニュー in the プロジェクトウィンドウ。

 

All SQL エディター commands and functions are available when editing this file however, you just have the added security of not being able to execute it without having to change the settings in プロパティウィンドウ.

 

Defining individual settings for project SQL files

1.プロジェクトウィンドウ内で、 select an SQL file in the SQL folder.
2.プロパティウィンドウ内で、 select データソース that you want to assign to the file from データソース field. Active データソース are highlighted in プロパティウィンドウ as well as in データソース ドロップダウンリスト.
3.If required (e.g., because the SQL file includes target keywords), choose either "Semicolons" or "SQL Grammar" from the Group statements for execution with ドロップダウンリスト.
4.If you want the parser to consider only statements that are delimited by semicolons, activate the SQL エディター should require semicolons チェックボックス and select the desired option from the Group statements for execution with ドロップダウンリスト.

 

プロジェクトウィンドウ内で、異なるフォルダーのためにプロパティを定義した場合、プロジェクトに追加されたファイルは親フォルダーからこれらのプロパティを継承します。ファイルのためにプロパティを変更することができます。 DatabaseSpy は、太字で親フォルダーの値から誤差のあるプロパティを表示します。ファイルのプロパティを変更すると、ファイルのプロパティと親フォルダのプロパティ間のリンクは切断され、ファイルのドロップダウンリストから同じ値を選択しても復元されません。 コンテキストメニュー内で、対応するコマンドを使用してフォルダーとファイル間の接続を復元することができます。

 

Defining individual settings of a file opened in the SQL エディター

1.SQL エディター内で、 click the tab of the SQL file whose properties you want to define or change. The file settings are displayed in プロパティウィンドウ.
2.Change the settings according to your needs by double-clicking データソース or ルートオブジェクト field in プロパティウィンドウ and choosing an option from the ドロップダウンリスト.
3.If required (e.g., because the SQL file includes target keywords) choose either "Semicolons" or "SQL Grammar" from the Group statements for execution with ドロップダウンリスト.
4.If you want the parser to consider only statements that are delimited by semicolons, activate the SQL エディター should require semicolons チェックボックス and choose the appropriate option from the Group statements for execution with ドロップダウンリスト.
5.Save the SQL file.

(C) 2019 Altova GmbH