SQL ファイルを開く、保存する、および、閉じる

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  SQL との作業 >

SQL ファイルを開く、保存する、および、閉じる

Any file that is stored in the file system can be opened via the 「ファイル | Open menu (Ctrl+O) and will be displayed under its file name in a new SQL エディターウィンドウ.

sql_animalType-queries

If an SQL file that has already been added to the project, it can be opened from プロジェクトウィンドウ and will be displayed under its file name in a new SQL エディターウィンドウ. A file that has been added to the グローバルリソース can be opened via the 「ファイル | 開く | Open グローバルリソース... menu and will be displayed under its Alias name in a new SQL エディターウィンドウ.

 

 

SQL ファイルを開く方法:

次のいずれかを実行してください:

 

メニューオプション 「ファイル | 開く | ファイルを開く...」 を選択、または、「Ctrl+O」を押します。 標準 Windows Open ダイアログボックスが表示されます。SQL (*.sql) ファイルを選択し、「Open」をクリックします。
SQL フォルダー内のプロジェクトウィンドウ内で、 次のいずれかを実行してください:

 

SQL ファイルを選択し、ファイル名をダブルクリックします。
ファイルを右クリックし、 Open をコンテキストメニューから選択します。

 

SQL ファイルは新規の SQL エディターウィンドウで開かれています。

 

 

グローバルリソースを開く方法:

メニューオプション 「ファイル | 開く | グローバルリソースを開く」 を選択し、to display the Choose グローバルリソース ダイアログボックス and 次のいずれかを実行してください:

 

Select a file-type グローバルリソース under the Files directory and click 「OK」. The file is displayed under its Alias name in a new SQL エディターウィンドウ.
Select a folder-type グローバルリソース under the Folders folder and click 「OK」. 標準 Windows Open ダイアログボックス appears and displays the content of the directory that is defined for the active configuration. Select a file and click Open. The file is displayed under its file name in a new SQL エディターウィンドウ.

 

または、以下を行います。:

 

1.Select メニューオプション ツール | グローバルリソース or, in the グローバルリソース ツールバー, click the Manage グローバルリソース ic_manage-global-resources ボタンをクリックします。
2.Under the Files folder, click the Alias name of the SQL file you want to open.

gr_tree-files

3.Click the View ボタンをクリックします。 The file is opened with the configuration that is selected in the ドロップダウンリスト of the グローバルリソース ツールバー. If the selected configuration is not applicable, the SQL file opens with the Default configuration.

 

Reparsing

It may occur that a script contains parsing errors when it is first displayed in the SQL エディター. If, 例えば、 the execution blocks are not set correctly, such a script would produce an error when being executed. (To check the execution blocks, toggle on the Show groupings for execution ic_show-groupings アイコン.) Also the syntax highlighting may not be displayed correctly when the script is initially parsed or edited by the user. To correct such errors, the SQL エディター ツールバー provides the Reparse the whole document ic_reparse ボタン.

 

 

To correct a SQL script with parsing errors:

SQL エディターツールバー内で、 click the Reparse the whole document ic_reparse ボタンをクリックします。

 

Saving and closing

DatabaseSpy offers several options for saving SQL statements in, or closing one or several windows of, the SQL エディター:

 

Save: saves the contents of the active window to the file from which it has been opened.
名前を付けて保存: pops up the familiar Windows 名前を付けて保存 ダイアログボックス, in which you enter the name and location of the file you wish to save the active file as.
Save All: saves all modifications that have been made to any open documents.
Close: closes the active window.
Close All: closes all open windows.
Close All But Active: closes all open windows but leaves the active file open in the SQL エディター.

 

For all Close commands, if the file was modified (indicated by an asterisk * after the file name in the title bar), you will be asked if you wish to save the file first.

 

All commands except Close All But Active are available in the File menu, and all commands that affect only one particular window are included in コンテキストメニュー that opens when you right-click the tab of the 個々の SQL エディターウィンドウ.

sql_tab-context

In addition to the メニューコマンドs listed above, you can also use the キーボードショートカット 「Ctrl+S」 to save the active SQL file.

 

Saving SQL scripts

You can save any SQL that appears in an SQL エディターウィンドウ and re-use the script later on. If the content of an SQL エディターウィンドウ has already been saved, the file name appears in the title bar of the SQL エディターウィンドウ. Unsaved files can be identified by the asterisk to the right of the generic title in the title bar.

 

A saved SQL script can be made available for all Altova applications by グローバルリソースとして定義. グローバルリソース can be used in all Altova applications that share the same グローバルリソース XML File.

 

 

To save the content of an SQL エディターウィンドウ to a file:

1.次のいずれかを実行してください:

 

個々の SQL エディターウィンドウを右クリックし、 「保存」 をコンテキストメニューから選択します。
Make the SQL エディターウィンドウ you want to save the active window and 「Ctrl+S」を押します。

 

2.If you save the file for the first time, choose a name and path for the file in the 名前を付けて保存... ダイアログボックス and click 「保存」.

 

 

To save an SQL file under a new name:

1.個々の SQL エディターウィンドウを右クリックし、 名前を付けて保存... をコンテキストメニューから選択します。
2.In the 名前を付けて保存... ダイアログボックス内で、 choose a new name and path for the file and click 「保存」.

(C) 2019 Altova GmbH