SQL との作業

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム > 

SQL との作業

Altova Web サイト: _ic_link SQL エディター

 

For working with SQL scripts, DatabaseSpy provides the SQL エディター which you can use to create, display, edit, and execute the SQL statements that are required for your database work. You can save SQL scripts that you have created in the SQL エディター and add them to your project. 更に、 you can also open existing SQL files and display them in the SQL エディター.

 

The SQL エディター is started automatically when you open an SQL file or generate a statement from an existing データベースオブジェクト. Apart from that, you can always open a new SQL エディターウィンドウ as follows:

 

SQL エディター ic_new-sql-editor アイコンを標準のツールバー内でクリックします。, or select メニューオプション 「ファイル | 新規作成 | SQL エディター」 を選択、または、「Ctrl+N」を押します。

 

As soon as an SQL エディターウィンドウ is active, the SQL エディター menu and toolbars are available. 更に、 each SQL エディターウィンドウ has a ツールバー of its own which provides buttons for executing SQL as well as various text selection and display options discussed further in this chapter.

 

メモ:新規の SQL エディターウィンドウは自動的に、 オンラインブラウザー または プロジェクトウィンドウ内でアクティブなデータソースに関連付けられます。 アクティブな データソースは実行ターゲットバー内で常に表示されています。すなわち、SQL エディターから発行された全てのコマンドは、特定のデータソースのみに影響を与えます。複数の データソースが存在する場合、SQL エディター出開かれる前に最後にクリックされたデータソースに SQL エディターは属します。以降に開かれる SQL エディターウィンドウは現在アクティブなデータベースを継承します。

 

If there is no 接続済みのデータソース, the SQL エディターウィンドウ is in the "Offline" state. You can easily change データソース to which the SQL エディターウィンドウ is connected, as shown below.

 

 

To assign a data source to an SQL エディターウィンドウ:

1.Click into the SQL エディターウィンドウ whose properties you want to change.
2.プロパティウィンドウ内で、 データソースを選択し、 and, if applicable, ルートオブジェクト.

ds_sql_editor_properties

プロパティウィンドウに移動するには、 click the Unknown or Offline hyperlinks in 実行ターゲットバー (provided that the 実行ターゲットバー表示/非表示 ボタン ic_execution-target is toggled on). In the image below, no data source is assigned yet to the SQL エディターウィンドウ, which is why 実行ターゲットバー displays "Unknown - Offline" as execution target.

ds_sql_editor

You can edit SQL statements in the SQL エディター like in any other text editor using 標準 text manipulation commands such as Copy (Ctrl + C), Paste (Ctrl + V), and Cut (Ctrl + X). 更に、 the SQL エディター provides features such as syntax coloring, comments, bookmarks, regions, and text highlighting (次を参照: SQL エディター Features). Also, the SQL エディター provides advanced Find and Replace functionality, including the ability to search and replace using regular expressions (次を参照: Finding and Replacing Text).

 

The 自動補完 feature can assist you with entering statements into SQL エディター (次を参照: 自動補完). You can also drag existing データベースオブジェクトs into the SQL エディターウィンドウ to create SQL statements automatically (次を参照: SQL ステートメントの生成).

 

When SQL エディター contains multiple statements, you can choose to execute them in bulk, if supported by the database type or driver, or sequentially (次を参照: Executing SQL). It is also possible to give custom descriptive names to the resulting tabs (次を参照: Naming Result Tabs).

 

The appearance of SQL statements in the SQL エディター can be configured in the SQL Formatting Configurations ダイアログボックス. 例えば、 you can configure to generated SELECT statements so that a line break should always occur before each FROM keyword. The formatting syntax can be fine-tuned not only for each database kind, but also at statement level (次を参照: Formatting SQL).

 

When you need to export only a subset of data from the database, you can write or generate the required SELECT statement SQL エディター内で、 and then proceed to exporting results (次を参照: Selecting Data for Export). SQL エディター can also be used to create views directly from SQL statements (次を参照: Views).

 

The text displayed in the SQL エディター can be printed and also previewed before printing (次を参照: Printing SQL).


(C) 2019 Altova GmbH