オブジェクトの名前変更と削除

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  データベース構造の探索と変更 >

オブジェクトの名前変更と削除

データベースオブジェクトs can be renamed or deleted from various contexts:

 

オンラインブラウザー内で、 by using コンテキストメニュー
In デザインエディター ウィンドウ
It is also possible to rename an object by double-clicking its title in プロパティウィンドウ.

 

When you rename or delete a データベースオブジェクト, the change is not committed immediately to the database. Instead, a change script is generated in the データベース構造変更スクリプト window, where you can review it before execution.

 

Support for renaming データベースオブジェクトs is not uniform across all databases. The following table illustrates objects that can be renamed directly from the graphical user interface of DatabaseSpy, across various database kinds. Some databases may additionally support renaming of keys, チェック制約, indexes, as well as ストアドプロシージャ.

 

Database kind

Rename table?

Rename column?

Rename view?

Access

-

-

-

Firebird

-

Yes

-

IBM DB2

Yes

-

-

IBM DB2 for i

Yes

-

-

Informix

Yes

-

-

MariaDB

Yes

Yes

-

MySQL

Yes

Yes

-

Oracle

Yes

Yes

-

PostgreSQL

Yes

Yes

Yes

Progress OpenEdge

Yes

Yes

-

SQLite

Yes

-

Yes

SQL Server

Yes

Yes

Yes

Sybase

-

-

-

Teradata

Yes

Yes

Yes

 

 

To rename a データベースオブジェクト:

1.次のいずれかを実行してください:

 

オンラインブラウザー内で、 select a データベースオブジェクト and press F2 or double-click its title bar in プロパティウィンドウ.
オンラインブラウザー内で、 right-click a データベースオブジェクト and select Rename をコンテキストメニューから選択します。
デザインエディターウィンドウ内で、 double-click the title bar of a table or the データベースオブジェクト, or right-click and select Rename Table or Rename Column or Rename Key or Rename Index or Rename Check Constraint, 個々のly, をコンテキストメニューから選択します。

 

2.Change the name as desired and press Enter. DatabaseSpy generates the required script and displays it in the データベース構造変更スクリプト ウィンドウ。

ds_rename_table

メモ:At this stage, the changes are not committed to the database yet. オンラインブラウザー内で、 the アイコン dbs_ic_changed_col appears to the left of the object name, which indicates that you are about to rename it. To undo the rename operation without committing it to the database, click Refresh data source Refresh (F5) in the オンラインブラウザー.

 

3.任意で、 to modify 生成された script before running it, click the Edit 変更スクリプト Edit Change Script ボタンをクリックします。
4.データベース構造変更スクリプト ウィンドウ内で、 click 変更スクリプトの実行 dbs_ic_execute_script.

 

Deleting データベースオブジェクトs

In DatabaseSpy's オンラインブラウザー, you have several possibilities to delete a データベースオブジェクト from a database:

 

Right-click a データベースオブジェクト and choose Delete をコンテキストメニューから選択します。
Select a データベースオブジェクト and press Delete.
Right-click a データベースオブジェクト and select 「新規の SQL エディターで表示 | Drop をコンテキストメニューから選択します。

 

デザインエディターウィンドウ内で、 you can do the following to delete a データベースオブジェクト:

 

Right-click a データベースオブジェクト and choose Delete selected Objects をコンテキストメニューから選択します。
Select a データベースオブジェクト and press Delete.

 

All the options mentioned above are also valid if you have selected more than one データベースオブジェクト.

 

While the changes are not committed to the database yet, the objects marked for deletion are displayed with a special "deleted object" アイコン (例えば、 dbs_ic_deleted_table in case of tables). To actually delete the データベースオブジェクト(s) from the database, execute the script in the データベース構造変更スクリプト window (or, if applicable, in the SQL エディター).


(C) 2019 Altova GmbH