データベース構造変更スクリプトウィンドウ

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  DatabaseSpy インターフェイス >

データベース構造変更スクリプトウィンドウ

データベース構造変更スクリプト ウィンドウは、SQL スクリプト内のデータベース構造に加えられた変更を記録します。 スクリプトの変更オプション内の設定に従い、このスクリプトはすぐに生成、または、オンデマンドで生成されます。

ds_identity_column_03

データベース構造変更スクリプト ウィンドウ

大きなスケール内で変更がなされた場合、更に詳細な概要を提供するために、変更スクリプトは、スクリプトをチェックする際に折りたたむ、または、展開することのできるリージョンに構成されます。リージョンを折りたたむと、実行からスクリプトのこの部分が除外されないことに注意してください。変更スクリプトが実行されると、折りたたまれたリージョンは自動的に展開されます。

 

複数の接続済みのデータソースが存在し、一つ以上の構造を変更すると、個別のタブがデータベース構造変更スクリプト ウィンドウ内の各データソースのために作成されます。

 

主キー または 制約のチェック を定義する際、データベース構造変更スクリプト ウィンドウは定義の有効性に関するコメントも表示します。

 

The Change Script window showing an invalid Check Contraint definition

 

データベース構造変更スクリプト ウィンドウ には次のコマンドがあります.

 

アイコン

コマンド

説明

Execute the generated SQL change script

変更スクリプトの実行

変更スクリプトを実行し、データベース内で記録されている変更を実行します。スクリプトの変更オプション 内では、スクリプトの実行中の時間の遅れを定義することができます。

Stop execution of the Database Structure Change Script

停止

変更スクリプトの実行を停止し、残りの変更はデータベース内で実行されず、データベース構造変更スクリプト ウィンドウはクリアされます。このボタンは、変更スクリプトが実行されている間のみ表示されます。

注意点: 停止 ボタンをクリックすると、まだ実行されていない変更は失われます。

Generate Change Script

変更スクリプトの生成

変更スクリプトが最後に更新されてから、データベースデザイン内に追加されたすべての変更を反映する 変更スクリプトを生成、または、更新します。  このボタンは、変更スクリプトがオンデマンドで生成されるスクリプトの変更オプション内で定義されている場合のみ有効化されます。

Edit Change Script

変更スクリプトの編集

新規の SQL エディターウィンドウ内で編集することのできる変更スクリプトを開きます。

注意点: データベース構造変更スクリプト ウィンドウからスクリプトは削除され、 SQL エディター内でスクリプトが実行されない限り、変更は失われます。

Save Change Script

変更スクリプトの保存

SQL ファイルとしてスクリプトを保存することのできる標準の Windows 名前を付けて保存 ダイアログボックスが開かれます。

Discard Changes

変更の破棄

変更スクリプト内に記録されるすべての変更を破棄します。デザイン内の変更は、データベース内で実行され、データベース構造変更スクリプト ウィンドウが生成されます。


(C) 2019 Altova GmbH