DatabaseSpy インターフェイス

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム > 

DatabaseSpy インターフェイス

DatabaseSpy 視覚的なユーザーインターフェイスの主なコンポーネントは以下にリストされるとおりです。

dbs_gui_diagram

 

インターフェイスは次の主要なアイテムにより構成されています:

 

ヘルパーウィンドウの一部は、データベースへ接続し、内部のオブジェクトを検索し、ファイルを整理してプロジェクトにする手助けをします。これらには、プロジェクトウィンドウオンラインブラウザープロパティウィンドウ概要ウィンドウデータ検査ウィンドウチャートウィンドウ変更スクリプトウィンドウ.が含まれます。これらのウィンドウの一部は、デフォルトで表示されますが、他のウィンドウは、表示 メニューからオンデマンドでトリガーされます。
SQL ステートメントを入力、編集、生成および実行する SQL エディター のためにメインペインは指定されています。  (このためにはデータソースが最初に作成されていることが必須です。次を参照してください: チュートリアル)。 データの比較、または、スキーマの比較ウィンドウをメインペインはホストすることができ、データベースデータ、または、スキーマのそれぞれを比較するために使用されます。
(インターフェイスの下側でデフォルトで表示される)出力ウィンドウ はデータベースとの作業中に発生する多種のメッセージ、警告、および、エラーを表示します。

 

各ウィンドウの右角に表示される dbs_gui_window_buttons ボタンを使用して表示、非表示、ピン、またはドックすることができます。ツールバーとウィンドウをデフォルトの状態に復元するには メニュー コマンド ツール | ツールバーとウィンドウの復元を実行します。

 

メインウィンドウ 以外の全てのウィンドウを非表示(または非表示の解除)するには、コマンド 表示 | すべてのサイドウィンドウの切り替え および 表示 | スクリプトの出力と変更ウィンドウの切り替えを実行します。 メインウィンドウは、状況に応じて以下であることができます: SQL エディター、データの比較ウィンドウ、スキーマの比較 ウィンドウ。


(C) 2019 Altova GmbH