XML 列の編集

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  Retrieving and Editing Data >

XML 列の編集

Columns of type XML cannot be edited directly, however you can use コンテキストメニュー to change the XML instance of an individual data cell. Clicking the Browse ic_change-xml ボタン that is located inside the XML 列 shows ポップアップメニュー allowing you to save the XML instance or load a different XML instance from the file system. It is also possible to assign an XML schema to the selected data cell.

tab_result-change-xml

The XML instances stored in an XML data cell in the database can be changed by selecting an XML file from the file system. DatabaseSpy presents 標準 Windows Open ダイアログボックス for this purpose.

 

 

データベースデータセルの XML インスタンスを変更する方法:

1.Click the Browse ic_change-xml ボタン inside the data cell you want to edit.
2.From the menu that appears, select Load XML Document from File... or Save XML Document to File....
3.次のいずれかを実行してください:

 

「開く」ダイアログボックス内で、希望する XML インスタンスを参照し、「開く」をクリックします。
「名前を付けて保存」 ダイアログボックス内で、 select the folder where you want to save the XML file, enter a name for the file, and click 「保存」.

 

4.To commit your changes to the database, click the ic_commit ボタンを結果ウィンドウツールバー内でクリックします。

(C) 2019 Altova GmbH