データベース構造の探索と変更

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム > 

データベース構造の探索と変更

Altova Web サイト: _ic_link データベースエディター

 

データベースの構造を作成する、または、変更する SQL スクリプトの作成に加え、デザインエディター内のすべてのデータベーステーブルの構造を編集することもできます。デザインエディターを使用して、データベースにテーブル、または、列を追加、プロパティを編集、列、または、テーブル全体の削除など、詳細にテーブル構造を検証することができます。 更に、主キー、外部キー、一意キー、および、インデックスとチェック制約を作成することができます。 オンラインブラウザーから直接既存のデータベースオブジェクトの名前を変更、または、削除することができます。 オブジェクトの名前変更と削除を参照してください。

 

メモ:デザインエディター ウィンドウ、または、オンラインブラウザーから既存のデータベースオブジェクトを編集する際に多種の制限が適用されます。この場合、対応するコマンドは無効化され、または、適切な通知メッセージが DatabaseSpy に表示されます。 制限はデータベースの種類とドライバーにより異なります。

 

(オンラインブラウザー、または、デザインエディターからの)データベース構造への変更はすぐには適用されず、データベース構造変更スクリプト ウィンドウ内で表示される変更スクリプトに記録されます。データベースに変更を実際にデプロイするには、変更スクリプトを実行する必要があります。

dbs_design_editor_zoom80

デザインエディター

 

新規のデザインエディターを開く方法:

接続済みのデータソース が存在することを確認し、標準のツールバー内の 「デザインエディター」 dbs_ic_design_editor アイコンをクリック、または、メニューオプション 「ファイル | 新規作成 | デザインエディター」 を選択、または、「Ctrl+D」を押します。

 

プロジェクト内に1つ以上の接続済みのデータソースが存在する場合、新規のデザインエディターウィンドウが常にアクティブなデータソースに接続されます。すなわち、オンラインブラウザー内で選択済みのデータソースに接続されます。


(C) 2019 Altova GmbH