データベースの接続

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  チュートリアル > "ZooDB" データベース > データベースプロジェクトのセットアップ >

データベースの接続

このチュートリアルのためにデータベースが作成されると (次を参照してください: チュートリアルデータベースの作成)、接続ウィザードを使用して接続することができます。接続ウィザードは Microsoft Access、Microsoft SQL Server、Oracle、MySQL、IBM DB2、Sybase、および PostgreSQL。

、などの頻繁に使用される既存のデータベースへの接続を確立することができます。

 

チュートリアル データベースに接続する方法:

1.メニューオプション 「ファイル | データベース接続の作成... を選択、または、Ctrl+Q を押します。データソースの追加 ダイアログボックスが表示されます。

dlg_dbcon1

2.選択されていない場合、ダイアログの左上の 接続ウィザード ボタンをクリックし、Microsoft SQL Server ( ADO ) を選択します。
3.次へ をクリックします。 接続ウィザードの構成ページが表示されます。

dlg_dbcon2

4.データベース プロバイダー Microsoft OLE DB Provider for SQL Server をコンボボックスから選択します。
5.次へ をクリックします。 データリンクプロパティ ダイアログボックスの接続タブが表示されます。

dlg_dbcon3

6.接続するサーバーの名前を選択します。例: TS-SQL
7.固有のユーザー名とパスワードを使用する ラジオボタンを選択します。
8.ユーザー名とパスワードを入力します。
9.パスワードの保存を許可する チェックボックスを有効化します。
10.ドロップダウンリストから接続するデータベースを選択します。 例: ZooDB 「OK」 をクリックします。
11.データソース名を設定する ダイアログボックス内で、接続名を "ZooDBConnect" に設定し 「OK」 をクリックします。

dlg_dbcon4

プロジェクトウィンドウは、データソースフォルダー内に "ZooDBConnect" という接続が含まれています。

dlg_dbcon5


(C) 2019 Altova GmbH