データベースにデータを挿入する方法

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  チュートリアル > "ZooDB" データベース >

データベースにデータを挿入する方法

データベースにデータを挿入するには、SQL エディターウィンドウに個別の INSERT ステートメントを入力し、または、SQL ファイルに保存し、全てのステートメントを一緒に実行します。更に、編集のために SELECT ステートメントを実行した後、 DatabaseSpy により TXT ファイルからデータをインポートし、結果ウィンドウ内に新規のレコードを追加することができます。

 

目的

チュートリアルのこのセクションでは、前のセクションで作成されたテーブル にデータを挿入する方法について学びます。具体的には、以下を行う方法を学ぶことができます:

 

データを使用して zoo データベースを作成する SQL スクリプトを実行 する方法
TXT ファイル内のデータをインポートする方法
XML ファイル内のデータをインポートする方法
新規の SQL スクリプトを作成 し、プロジェクト内に保存する方法
SQL エディターの結果ウィンドウ内に新規のレコードを追加する

 

このセクションで使用されるコマンド

アイコン

コマンド名

説明

ic_execute-sql

SQL の実行

このコマンドはプロパティウィンドウの SQL フォルダー内の SQL ファイルを右クリックすると開かれるコンテキストメニュー内にあります。 このコマンドを使用して、ファイルに含まれる SQL ステートメントを実行します。


行カウント | 表示/更新

このコマンドはテーブル、または、オンラインブラウザー内の親フォルダーを右クリックして開かれるコンテキストメニュー内で使用することができます。 このコマンドをクリックして、選択されたフォルダー内の選択されたテーブルまたはビューのために行番号を表示することができます。

ic_import

インポート

このコマンドはツール ツールバー内にあります。または、 メニューオプションツール | データベースデータのインポート...から選択、または、 Ctrl+I を押します。 このコマンドをクリックして、データベースデータのインポート ダイアログボックスを開きます。

ic_execute-sql

実行

このコマンドは SQL エディターウィンドウと SQL エディター メニューのルーツバー内にあります。 このコマンドをクリックして、 SQL エディターウィンドウ内で SQL を実行します。


データの取得 | 全ての行

このコマンドはオンラインブラウザー内のテーブル、または、列を右クリックすると開かれるコンテキストメニュー内にあります。また、テーブルを選択することができ、 Ctrl+Alt+R を押します。このコマンドをクリックして、結果タブ内データの全ての行を表示することができます。

ic_new-sql-editor

SQL エディター

このコマンドは標準のツールバー内にあります。または、 メニューオプション 「ファイル | 新規作成 | SQL エディター から選択、または、 Ctrl+N を押します。このコマンドをクリックして、アクティブなデータソース接続に割り当てられている  新規の SQL エディターウィンドウを開きます。

ic_save

保存

このコマンドは標準のツールバー内にあります。または、 メニューオプション 「ファイル | 保存 から選択、または、 「Ctrl+S」 を押します。このコマンドをクリックして、アクティブなファイルを保存します。

ic_add_active_file

アクティブなファイルの追加

このコマンドはプロジェクトウィンドウのツールバー内にあります。 このコマンドをクリックすると、対応するフォルダーの下でアクティブなファイルをプロジェクトに追加することができます。

ic_save_project

プロジェクトの保存

プロジェクトの保存: このコマンドはプロジェクトウィンドウのツールバー内にあります。または、 メニューオプション「ファイル | 名前を付けて保存する から選択、または、 Ctrl+S を押します。このコマンドをクリックして、既存のプロジェクトをプロジェクト名の下に保存、または、新規のプロジェクトのための名前とパスを指定して保存します。

ic_edit

データの編集

このコマンドは、オンラインブラウザー内のテーブル、または、列を右クリックすると開かれるコンテキストメニュー内にあります。 または、テーブルを選択し、 Ctrl+Alt+E を押します。SQL エディター内で自動的に実行される SQL SELECT ステートメントを生成し、結果ウィンドウを編集モードに切り替えるためにこのコマンドを選択してください。 ADO と ODBC 接続のために、このコマンドはサポートされるすべてのデータベース型に使用することができます。

ic_add_line

新規の行の追加

このコマンドを結果ウィンドウ ツールバー内のボタンで使用することができます。 このボタンをクリックし、結果グリッドに新規の行を追加します。 または、 結果グリッドを右クリックし、新規の行を追加する をコンテキストメニューから選択します。 新規の行を追加する コマンドは結果ウィンドウが編集モードの場合のみ使用することができます。

ic_commit

コミット

このコマンドを結果ウィンドウ ツールバー内のボタンで使用することができます。 このボタンをクリックし、結果グリッド内の変更をデータベースにコミットします。 コミット ボタンは結果ウィンドウが編集モードの場合のみ表示されます。


(C) 2019 Altova GmbH