比較の開始

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  チュートリアル > "ZooDB" データベース > データベーススキーマの比較 >

比較の開始

スキーマの比較 メニューから比較を開始、または、スキーマの比較 ウィンドウのツールバー内の比較の開始 ic_start-db-comparison ボタンをクリックして比較を開始します。 または、コンポーネントのタイトルバーを右クリックし、アイテムの比較 をコンテキストメニューから選択します。データベース 比較コンポーネント内のすべてのマップ済みのアイテムのために比較を実行することができます。 DatabaseSpy は、マップ済みのアイテムが等価、または、差分を含むかを 比較結果アイコンを表示します。

diffs_tables-compared

上のスクリーンショットには差分の3つの異なる型が表示されていることに注意してください:

 

tblAnimals と tbl MedicalTreatments は、ハイライトされていない比較とテーブル名の両方のサイド上の異なる ic_different サインを表示します:

 

diffs_diff-diff-child

 

テーブル名自身は同じですが、1つまたは複数の 子アイテムが異なることが示されています。 テーブルを展開して差分の発生する箇所を確認します。

diffs_diff-diff-expanded

tblFeedingSchedules と tblZookeepers は、を表示しています。片方のサイドの異なる ic_different サインと、比較の他のサイド上の等価 ic_equal サインを表示しています。テーブル名はハイライトされていません:

 

diffs_diff-equal

 

diffs_equal-diff

 

これは、テーブルが等価ですが、テーブル内の少なくとも一つの追加アイテムは異なるサインを表示しています。このテーブルを展開すると、これらの追加アイテムはマップされず、疑問符 ic_missingと共に表示されます。

diffs_equal-diff-expanded

dbo.tblVeterinarians と test.tblVets はそれぞれ異なる ic_different サインを表示し、テーブル名がハイライトされます:

 

diffs_diff-diff-parent

 

これはテーブル名は異なりますが、テーブルが (手動で) マップされていることを表示しています。 テーブルを展開し、子アイテムが異なるか確認します。

diffs_diff-diff-parent-exp

テーブル レベルでの比較の結果のサマリーがメッセージウィンドウに表示されます。 メッセージウィンドウが表示されていない場合、 メッセージウィンドウの切り替え ic_toggle-message ボタンをクリックします。

msg_schema-compare

差分の詳細、すなわちアイテムレベルの詳細、を確認するには、コンポーネント内の比較の結果を確認 する必要があります。差分を含む全てのアイテムは自動的にコンポーネント内で展開され、差分を簡単に識別することができます。

 

 

マップされた全てのアイテムを比較する方法:

次のいずれかを行ってください:

 

メニューオプション スキーマの比較 | アイテムの比較を選択します。
スキーマの比較ウィンドウのツールバー内の比較の開始 ic_start-db-comparison ボタンをクリックします。
比較コンポーネント内のタイトルバーをクリックし、アイテムの比較 をコンテキストメニューから選択します。

(C) 2019 Altova GmbH