自動補完の使用

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  チュートリアル > "ZooDB" データベース >

自動補完の使用

DatabaseSpy 内で、自動補完機能は、 SQL エディター内で SQL ステートメントを入力する際にアシストを提供します。入力中に、選択することのできる異なる SQL キーワード、または、データベースオブジェクトの名前の提案が表示されます。

 

使用されている特定の SQL 種類により SQL 構文は異なります。これは、データベース接続の作成 オプションなどの接続ウィザードを使用して定義した接続文字列により自動的に決定されます。

 

 

目的

チュートリアルのこのセクションでは、 DatabaseSpy 内の自動補完機能について学びます。具体的には、自動保補完を使用して、テーブル tblVeterinarians に新規の列を追加します。

 

このセクションで使用されるコマンド

アイコン

コマンド名

説明

ic_new-sql-editor

SQL エディター

このコマンドは標準のツールバー内にあります。または、 メニューオプション 「ファイル | 新規作成 | SQL エディター から選択、または、 Ctrl+N を押します。このコマンドをクリックして、アクティブなデータソース接続に割り当てられている  新規の SQL エディターウィンドウを開きます。

ic_refresh-datasource

更新

このコマンドをオンラインブラウザー内でボタンとして、または、データベースを右クリックするとコンテキストメニュー内でオプションとして使用することができます。このコマンドを使用して、データベースを更新し、オンラインブラウザー内で新規、または、変更されたデータベースを表示します。

ic_execute-sql

実行

このコマンドは SQL エディターウィンドウと SQL エディター メニューのルーツバー内にあります。 このコマンドをクリックして、 SQL エディターウィンドウ内で SQL を実行します。


(C) 2019 Altova GmbH