SQL ファイルを開き、実行する

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  チュートリアル > "ZooDB" データベース > データベースにテーブルを追加する >

SQL ファイルを開き、実行する

チュートリアルの前のセクションで、ZooDB_tables.sql スクリプトの作成 がデータベースプロジェクトに追加されました。このスクリプトを使用して、テーブルを zoo データベースに追加することができます。DatabaseSpy 内で実行する前に、データソース接続に SQL スクリプトが割り当てられる必要があります。(下記の命令を参照してください)。

 

SQL スクリプトを実行して、データベースにテーブルを追加する方法:

1.ZooDBConnect 接続がアクティブであることを確認してください。

 

メモ:新規の SQL エディターウィンドウは自動的に、 オンラインブラウザー または プロジェクトウィンドウ内でアクティブなデータソースに関連付けられます。 アクティブな データソースは実行ターゲットバー内で常に表示されています。すなわち、SQL エディターから発行された全てのコマンドは、特定のデータソースのみに影響を与えます。複数の データソースが存在する場合、SQL エディター出開かれる前に最後にクリックされたデータソースに SQL エディターは属します。以降に開かれる SQL エディターウィンドウは現在アクティブなデータベースを継承します。

 

2.プロジェクトウィンドウ内で、SQL フォルダー内の create_ZooDB_tables.sql エントリをダブルクリックします。SQL エディターウィンドウ内で、 スクリプトファイルが開かれます。
3.必要な場合、現在のスクリプトにデータソースを割り当てます。スクリプトにデータソースが割り当てられていない場合、 "Unknown - Offline" ステータスが SQL エディターウィンドウの上に表示されます。

sql_create-zoodb-tables

スクリプトにデータソースを追加するには、 Offline ハイパーリンクをクリックし、プロパティウィンドウでデータソース リストから "ZooDBConnect" を選択します。

tab_properties-data-source

SQL スクリプトは ZooDBConnect データソースに接続され、SQL エディター内の実行ボタンが有効化されます。プロジェクトウィンドウ内のプロジェクトを保存する ic_save_project ボタンをクリック、または、 「Ctrl+S」  を押しプロジェクトプロパティ内にこのデータソースの割り当てを保存します。

4.SQL エディター内では、 実行 ic_execute-sql ボタンをクリック、または、 F5 を押します。ZooDB データベースにテーブルが追加されます。

 

 

オンラインブラウザー内で新規に追加されたテーブルを確認する方法:

1.オンラインブラウザー タブをクリックします。
2.データベースの名前 ZooDB を右クリックし、 更新 をコンテキストメニューから選択し、オンラインブラウザーのツールバー内で、更新 ic_refresh-datasource ボタンをクリックします。

zoo-refresh

ユーザーテーブル フォルダー内で新規に挿入されたテーブルが表示されます。 スクリプトの実行に成功すると、次のテーブルがデータベースに追加されま:

dbs_zoodb_tables


(C) 2019 Altova GmbH