ODBC 接続の設定

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  データベースへの接続 >

ODBC 接続の設定

ODBC (Open Database Connectivity) は、一般に使用されているデータアクセス技術で、DatabaseSpy からデータベースに接続することができます。データベースにアクセスするための主要な手段として、または OLE DB- や JDBC-による接続の代替として使用することができます。

 

ODBC を使用してデータベースに接続するには、最初に ODBC  データソース名(DSN) を作成する必要があります。このステップは、他のユーザーまたはオペレーティングシステムにより DSN が既に作成されている場合必要ありません。 DSN は、統一された、 DatabaseSpy を含むオペレーティングシステム上の ODBC に対応したクライアントアプリのデータベース接続方法を表します。 DSN には以下の種類があります:

 

システム DSN
ユーザー DSN
ファイル DSN

 

オペレーティングシステムで特権を持つすべてのユーザーはシステム データ ソースにアクセスすることができます。 作成したユーザーのみがユーザー データ ソースにアクセスすることができます。 ファイル DSN を作成した場合、データソースは .dsn 拡張子を持つファイルとして作成され、データソースにより使用されているドライバーがインストールされていることが前提で、他のユーザーと共有することができます。

 

ODBC 接続ダイアログボックス内の [ODBC 接続] をクリックすると、使用中のコンピューターで既に使用することのできる DSN はデータベース接続ダイアログボックスに表示されています。

ODBC_ConnectionDialog

ODBC 接続ダイアログボックス

データベースにより必要とされる DSN が無い場合、 DatabaseSpy データベース接続ウィザードが作成の手助けをします。しかし、 Windows オペレーティングシステムに直接作成することもできます。いずれにせよ、続行する前に、使用中のデータベースに ODBC ドライバーがオペレーティングシステムの ODBC ドライバーリストに適用できることを確認してください。 ( 使用可能な ODBC ドライバーの表示を参照 )。

 

 

新規 DSN を使用しての接続:

1.データベース接続ウィザードを開始します。
2.データベース接続ダイアログボックスの [ODBC 接続] をクリックします。
3.ソースの種類を選択します (ユーザー DSN、 システム DSN、 ファイル DSN)。

システム DSN を作成するには、オペレーティングシステムの管理者権限が必要です。 また、 DatabaseSpy が管理者として作動している必要があります。

4.「追加」 DSN_add をクリックします。
5.ドライバーを選択して、(作成する DSN の種類に応じて) [ユーザー DSN] または [システム DSN] をクリックします。 使用中のデータベースに適用することのできるドライバーがリストされていない場合、データベースベンダー からダウンロードして、インストールしてください。 (次を参照: データベースドライバー概要 )。
6.ポップアップするダイアログボックスに特定の接続情報を入力してセットアップを完了します。

 

接続を成功させるには、データベースサーバーのホスト名(または IP アドレス)、とデータベースのユーザー名およびパスワードを提供する必要があります。 他の接続パラメーターがある可能性がありますが、これらのパラメーターはデータベースプロバイダーにより異なります。各接続方法に固有のパラメーターについての詳細は、ドライバープロバイダーのドキュメントを参照してください。 一度作成されると、 DSN はデータソース名のリストで使用することができます。ユーザー DSN はユーザー DSN のリストに追加されますが、システム DSN はシステム DSN のリストに追加されます。

 

 

既存の DSNを使用しての接続:

1.データベース接続ウィザードを開始します.
2.[ODBC 接続] をクリックします。
3.既存のデータソース(ユーザー DSN、 システム DSN、 ファイル DSN) から種類を選択します
4.既存の DSN をクリックして、 「接続」 をクリックします。

 

 

既存の .dsn ファイルをベースにして接続文字列を構築する:

1.データベース接続ウィザードを開始します.
2. [ODBC 接続] をクリックします。
3.[接続文字列の構築] を選択して、 [構築] をクリックします。
4.ファイル DSN を使用して、接続文字列を構築する場合、[ファイルデータソース] タブをクリックします。それ以外の場合は、[マシーンデータソース] タブをクリックします。(システム DSN と ユーザー DSN は "マシン" データソースとして知られています。)
5.必要とさえる .dsn ファイルを選択して、 「OK」 をクリックします。

 

 

用意された接続文字列を使用して接続する:

1.データベース接続ウィザードを開始します
2.[ODBC 接続] をクリックします。
3.[接続文字列の構築] を選択しています。
4.接続文字列を与えられたボックスに貼り付け、「接続」 をクリックします。

 


(C) 2019 Altova GmbH