スペルチェックのオプション

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ユーザーガイドとレファレンス > メニューコマンド > ツールメニュー >

スペルチェックのオプション

ツール | スペルチェックのオプション」コマンドにより スペルチェックのオプション

 

スペルチェックのオプション

スペルチェックのオプションダイアログではグローバルなスペルチェッカーオプションを設定することができます。

inc-MenuToolsSpellingOptions

常に修正を表示:

このオプションを選択することで、ユーザー辞書とそれ以外の辞書から得られた単語の候補が候補リスト ボックスに表示されます。このオプションを無効にすると、候補が表示されなくなります。

 

メイン辞書だけを使った修正を行う:

このオプションを選択することで、言語辞書 (メイン辞書) だけが使用され、スペル チェックにユーザー辞書は使用されません。「ユーザー辞書」 ボタンも無効化され、ユーザー辞書の編集を行うことができなくなります。

 

大文字で書かれた単語を無視:

このオプションを選択することで、すべて大文字で記述された単語がチェックの対象から外されます。

 

数値を伴う単語を無視:

このオプションを選択することで、数値を含んだすべての単語が無視されます。

 

キャメルケースの単語を分離:

単語内に大文字の文字が含まれる単語をキャメルケースの単語といいます。例えば "CamelCase" という単語では、"Case" の "C" が大文字で示されているため、キャメルケースの単語として認識されます。キャメルケースの単語は通常辞書に含まれていないため、スペル チェッカーによりエラーとして認識されます。キャメルケースの単語オプションにより、キャメルケースの単語を大文字からはじまるパーツに分離して、個々のパーツをチェックすることによりこの問題を回避することができます。このオプションはデフォルトでチェックされています。

 

辞書の言語:

このコンボ ボックスではスペル チェッカーにて使用される辞書の言語が選択されます。デフォルトの選択は English (US) となっています。 Altova Web サイト.からはその他の言語の辞書を無料でダウンロードいただけます。

 

 

 

 

スペルチェッカーに辞書を追加

辞書の言語は、.aff ファイルと .doc ファイルという 2 つの Hunspell 辞書ファイルから構成されます。言語辞書は、以下の場所にある Lexicons フォルダーへインストールされます。全ての言語の辞書は次の場所にある Lexicons フォルダー内にインストールされます: C:\ProgramData\Altova\SharedBetweenVersions\SpellChecker\Lexicons.

 

Lexicons フォルダー内部には、異なる言語に対応した辞書のファイルが、<言語名>\<辞書ファイル> という構成で各フォルダーに収められます。例えば、2つの (English (British)English (US)) 英語辞書が以下のように配置されます:

 

C:\ProgramData\Altova\SharedBetweenVersions\SpellChecker\Lexicons\English (British)\en_GB.aff

C:\ProgramData\Altova\SharedBetweenVersions\SpellChecker\Lexicons\English (British)\en_GB.dic

C:\ProgramData\Altova\SharedBetweenVersions\SpellChecker\Lexicons\English (US)\en_US.dic

C:\ProgramData\Altova\SharedBetweenVersions\SpellChecker\Lexicons\English (US)\en_US.dic

 

スペル チェッカー オプション ダイアログでは、「辞書の言語」 コンボ ボックスにあるドロップダウン リストに利用可能な辞書の言語が表示されます。Lexicons フォルダー以下にある言語サブフォルダーの名前がリストには表示されます。例えば上にある英語辞書の場合、English (British) と English (US) という名前がリストに表示されます。

 

インストールされた辞書はコンピューターを使っているすべてのユーザー、そして (32 ビットか 64 ビットかにかかわらず) 複数の Altova 製品により共有されます。

 

スペル チェッカーで使用される辞書は以下に示される 2 種類の方法で追加することができ、どちらの方法でもファイルをシステムに登録する必要はありません:

 

Hunspell 辞書を Lexicons フォルダーの新規サブフォルダーへ追加する。Hunspell 辞書は、例えば http://wiki.services.openoffice.org/wiki/Dictionarieshttp://extensions.services.openoffice.org/en/dictionaries.といった場所からダウンロードすることができます (OpenOffice では OXT という拡張子の ZIP アーカイブが配布されているため、ファイル拡張子を .zip へ変換して、回答した .aff.dic ファイルを ファイルを Lexicons フォルダー以下にある言語フォルダーへコピーしてください。Hunspell 辞書は Myspell 辞書をベースにしているため、Myspell 辞書を使用することもできます)
複数の言語辞書をコンピューターの適切な場所へインストールする Altova 辞書インストーラーを使用する。スペル チェックのオプションダイアログにあるリンクをクリックすることで、インストーラーをダウンロードすることができます (以下のスクリーンショットを参照)。

inc-MenuToolsSpellingAdditionallDicts

 

メモ:辞書に対して適用されるライセンスの条項に同意するか、そしてお使いのコンピューターにおける辞書の使用が適切なものかの判断は、お客様へ委ねられます。

 

ユーザー辞書と作業

コンピューター上の各ユーザーには、ユーザーにより許可された単語を収めるためのユーザー辞書が与えられます。スペル チェックを行うと、言語辞書とユーザー辞書に含まれている単語のリストに対してドキュメント内の単語がチェックされます。ユーザー辞書ダイアログでは、ユーザー辞書に単語を追加、また削除することができます (以下のスクリーンショットを参照)。スペル チェックのオプションダイアログにて 「ユーザー辞書」 ボタンをクリックすることで、この辞書へアクセスすることができます。

inc-MenuToolsSpellingUserDict

ユーザー辞書へ単語を追加するには、単語フィールドに単語を入力し、「追加」 ボタンをクリックしてください。入力された単語がアルファベット順で辞書ペインに追加されます。辞書から単語を削除するには、目的の単語を辞書ペインにて選択し、「削除」 ボタンをクリックしてください。その単語が辞書ペインから削除されます。ユーザー辞書ダイアログにおける編集を終えた後には 「OK」 をクリックすることで、変更点がユーザー辞書へ保存されます。

 

スペル チェックの際に単語をユーザー辞書へ追加することもできます。スペル チェックを行う際に未知の単語が発見された場合、 スペルチェックダイアログ にて適切な選択を行うことができます。「辞書に追加」 ボタンをクリックすると、未知の単語がユーザー辞書へ追加されます。

 

ユーザー辞書は以下の場所にあります: C:\Users\<user>\Documents\Altova\SpellChecker\Lexicons\user.dic

 


(C) 2019 Altova GmbH