プラグイン

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ユーザーガイドとレファレンス > メニューコマンド > ツールメニュー > カスタマイズ >

プラグイン

「プラグイン」タブでは、アプリケーションやツールバー動作するようプログラムされたプラグインの統合とコマンドの配置を行うことができます。プラグインタブでは、「プラグインを追加」をクリックすることで、プラグインの DLL ファイルを参照することができ、「OK」 をクリックすることでプラグインが追加されます。アプリケーションには複数のプラグインを追加することができます。

new_mnu_customize_pluginAuth

プラグインの追加に成功すると、プラグインの説明がダイアログに表示され、プラグインを削除ボタンが選択可能になります。プラグインコードによりツールバーやメニューが作成されると、それらがアプリケーションインターフェースに表示されます。プラグインを削除するには、プラグインを削除ボタンをクリックしてください。

 

プラグインの作成

サンプルプラグインのソースコードはアプリケーションの マイドキュメント フォルダー: Examples\IDEPlugin フォルダー内に収められています。ソースコードからプラグインを作成するには以下を行います:

 

1.Visual Studio 内でプラグインとして作成するソリューションを開きます。
2.ビルドメニュー内のコマンドを使用してプラグインを作成ひます。
3.プラグインの DLLファイルは Bin または Debug フォルダー内で作成されます。この DLL ファイルは、プラグインとして追加される必要があるファイルです (上記参照)。

 

プラグインの作成に関する詳細については、 IDE プラグインのセクションを参照ください。

 


(C) 2019 Altova GmbH