チェックアウトの取り消し

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ユーザーガイドとレファレンス > メニューコマンド > プロジェクトメニュー > ソース管理 >

チェックアウトの取り消し

チェックアウトされたファイルが存在し、編集の変更が加えられており、変更を拒否する場合、コマンド プロジェクト | ソース管理 | チェックアウトの取り消し」 を使用してレポジトリ内で保存されているドキュメントのバージョンに戻り、ます。

 

ファイルとプロジェクトフォルダーには、下に示されるような特定のシンボルが表示されます。

 

MSSharePtCheckedIn

チェックイン状態。チェックアウト可能。

MSSharePtCheckedOutByOther

他のユーザーによりチェックアウトされた状態。チェックアウト不可能。

MSSharePtCheckedOut

ローカルにチェックアウト済み。編集してチェックイン可能。

 


(C) 2019 Altova GmbH