エンコード

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ユーザーガイドとレファレンス > メニューコマンド > ファイルメニュー >

エンコード

エンコードコマンドにより、(XML 以外も含む)現在アクティブなドキュメントにて使用されているエンコーディングを確認し、他のエンコーディングを選択して、次回の保存時に反映させることができます。

URefFileEncoding

XML ドキュメントにおいて、それまで使われていたものとは異なるエンコーディングを指定すると、XML 宣言内のエンコーディング指定もそれに合わせて変更されます。2バイト文字ならびに4バイト文字エンコーディング(UTF-16、UCS-2、UCS-4)では、ファイルに使用されるバイトオーダーを指定することができます。XML ドキュメントのエンコーディングを変更するもう1つの方法は、ドキュメントの XML 宣言で使用されている encoding 属性を直接編集することです。既存ならびに新規 XML ドキュメント、または非 XML ドキュメントのデフォルトエンコーディングは、オプションダイアログのエンコードセクションにて指定することができます。

 

メモ:ドキュメントを保存する際、Authentic Desktop はエンコーディングの指定を自動的にチェックして、ユーザーにより入力されたエンコーディングが認識できない場合は、ダイアログを表示します。更に、選択されたエンコーディングにより表現することのできない文字がドキュメントに含まれている場合、ファイルを保存する際に警告メッセージが表示されます。

 


(C) 2019 Altova GmbH